スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

R.O.D -READ OR DIE- 第3巻(完) 「読子さん、ピンチですよ。」

R.O.D-READ OR DIE- 第3巻R.O.D-READ OR DIE- 第3巻
(2002/02/06)
三浦理恵子、根谷美智子 他

商品詳細を見る

偉人要塞に乗り込む読子とドレイク。偉人たちを率いる一休宗純の目的は、成層圏までロケットを上げ、そこでベートーベンの自殺交響曲を流し、地球の人口を減らすことであった。読子達はロケットの打ち上げを阻止できるのか。


紙を大規模に使うシーンはないのだな。意外と地味だ。

設定が荒唐無稽なので見ていて引いてしまうところがあるが、テンポがよいので飽きずに見ることができた。

偉人の能力以外に話の展開でも気になるところはいくつかあった。いくらなんでもヘリ単機で状況のわからない敵の陣地に乗り込むのは無謀だろうなーとか。

伏線の張り方は割とスマート。ドレイクが持っていたマッギーへのおみやーげ代が後に読子の武器になったり、ナンシーが作った三つ編みを結んでいた紙が読子の脱出武器になったり。

読仙社の「ど」の字も出ないし、結局偉人を復活させたのが誰かと言う疑問には答えていなかった。めちゃくちゃ気になるんですけど。ここらへんのほったらかしっぷりはちょっと不親切ではなかろうか。ただ、時間との兼合いを考えると、その内容を収める時間がないのは明白で、どっちが是非かは微妙なところ。

ジョーカーと読子との関係が良好のまま終了するので、テレビ版の展開はOVAから入った人間にはギャップが大きいのではないかと思った。あと、あらためてOVAのウェンディはかわいいなぁと思った。一休のとんちに対して「ズルだぁ」と言うシーンが可愛過ぎ。本当に5年の間で何があったんだ。

ナンシー妹はナンシーのクローンであった。同じ顔の人間の対決と言うのも意外とありがちだが、お互いにザ・ディープの能力を使っての戦闘シーンは独特のものであった。最後は水の中という決着はうまいと思った。また、根谷美智子の二役はすばらしいものであった。本当に別人が喋っているような感覚さえ覚えた。

一番の見所は読子対平賀源内だと思う。よたよたの剣術で向かっていく読子のへたれっぷりがすばらしい。派手なアクションを描けるアニメータたちが、読子だからこそあえて駄目アクションを描いている感じがよく出ている。実際、通路を切ったり、階段が落ちたりするシーンは非常に滑らかだ。このときも上に上ろうとして一回失敗する読子の描かれ方とか、やはり仕草が細かく、見ていて心地がよい。最後の液体窒素攻撃も、直前に氷のかけらが落ちてくるシーンが伏線になっていたりする。

設定とか脚本とかはスチャラカなところがあるが、絵的なこだわりは非常に見るところがある。この作品は動いてナンボなところがあるので、やっぱりアニメと言う媒体が一番ふさわしい作品だと再確認した。

スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
R.O.D | コメント(0) | トラックバック(0)2007/09/23(日)08:27

R.O.D -READ OR DIE- 第2巻 「読子さん、インドですよ。」

R.O.D-READ OR DIE- 第2巻R.O.D-READ OR DIE- 第2巻
(2001/07/18)
三浦理恵子、根谷美智子 他

商品詳細を見る

インドに現れた偉人を調査するため彼の地に向かった読子、ナンシー、ドレイクの三人。彼女たちの前に現れたのは玄奘、三蔵法師であった。玄奘は悟空の如く如意棒を操り、猪八戒の如く火炎を吐く。この偉人に対して読子とナンシーはどう立ち向かっていくのか。


前々から思っていたが音楽と映像の親和性が高い作品は見ていて気持ちが良い。この作品はその点だけでも十分に合格点。特にオープニングがすばらしい。ところでオープニングの登場人物は線が細いんだが、けっこうこの絵が好き。

各人の細かな仕草にこだわりを感じる。ジョーカーの指令に手を挙げ応える読子、三つ編みにした読子の髪で彼女の頬をくすぐるナンシー、ジェントルメンの指示に一瞬息をのむジョーカー、転びそうになって華麗に翻るウェンディ。他にも探せばあるかもしれないけど、微妙な動きが見てて気持ち良い。

ウェンディのドジっ娘ぶりはかわいいなぁ。これがテレビ版であんな風になってしまうとは。5年の間に何があったのか。

玄奘のいかれっぷりはすごいな。荒唐無稽を通り越して感心したよ。紙使いがいるんだから、水を割ったっておかしくないよな?

一番最後に偉人軍団殲滅作戦に移行する大英図書館特殊工作部が盛り上がるシーンは心が躍る。やっぱりポイントは音楽だろうか。岩崎琢すごいよ。こんなにテンションが上がった状態で次の巻に続くので、やっぱり続きが気になってしまう。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
R.O.D | コメント(0) | トラックバック(0)2007/09/22(土)07:55

R.O.D -READ OR DIE- 第1巻 「読子さん、事件ですよ。」

R.O.D-READ OR DIE- 第1巻R.O.D-READ OR DIE- 第1巻
(2001/05/23)
三浦理恵子、根谷美智子 他

商品詳細を見る

★原作(倉田英之):未読
★コミック版(山田秋太郎):既読


突如現れた一人の人間によってホワイトハウスが破壊された。その人物の名は平賀源内。事件はそれだけに終わらない。日本にはファーブルが現れ、ニューヨークではリリエンタールが滑空する。遺伝子から再現された偉人を操り世界に混乱をもたらす謎の組織に対し、大英図書館の特殊工作員「ザ・ペーパー」こと読子・リードマンが立ち向かっていく。

最初に目に付くのは音楽と演出のセンスのよさだろうな。まず、OPからして必見。アクションものとして心が弾むような音楽がすばらしい。ペーパーアクションの滑らかさ、紙飛行機の奥にそびえる巨大な自由の女神、リリエンタールのグライダー、魅せるシーンがたくさんある。透過能力を持つナンシーの伸ばす手に対して、読子が最初指だけそっと触れる演出は、人の心理をよく表しているよ。

キャストに関してもハマっていると思う。三浦理恵子の緊張感の無さが、読子というキャラにぴったり一致する。

話的には紙使いに関する説明が無いまま突然能力を使ったり、他メディアを知っていないと疑問に思うところもあるが、30分で詰め込めるだけ詰め込んだらこうならざるをえないか。嘘っぽい所も多いが、演出力の巧みさは見もの。

娯楽として面白いので、アニメ好きの人は一見の価値あり。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
R.O.D | コメント(0) | トラックバック(0)2007/09/20(木)23:37

«  | HOME |  »


Calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。