スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

バンブーブレード 第18話 「大会とその後の室江高」

Bパートのタマちゃんが妙に艶っぽかったけど、髪のハイライトが多かったからかな?

バンブーブレード DVD 二本目バンブーブレード DVD 二本目
(2008/02/20)
広橋涼、豊口めぐみ 他

商品詳細を見る

室江高と東城高の大将戦。珠姫の気迫のこもった突きで東城高の小西を圧倒するが、試合は意外な決着を迎える。


前回、コジローが立ち上がったシーンは、やっぱりタマちゃんの身を案じて棄権を決めたことを意味していた。普通に予想されるとおりだったのだが、そもそもコジローはインターハイでいい成績を収めて学校に残るつもりだったんじゃないのかな(゚Д゚)?
それを諦めてもタマちゃんの大事を取ったわけだ。なんだかいい先生に思えてきたぞ(´∀`)

5人戦って両校の勝ち負けは同点。勝負は代表戦へ。
エースの珠姫が怪我をしている室江高は主将のキリノが代表に。対する東城高は大将の小西が珠姫の突きで放心状態のため、先鋒の青木が出てくる。

集中力の増しているキリノは敵無しのはずだったが、弟から母の無事が告げられて、トランスキリノは確変終了。なんか背景がポワポワしていたよ( ´∀`)

後から語られたけど、キリノは朧蜜蜂に負けたのかよ。
一発ギャグだと思ったけど、今回まで引っ張ってくるとは( ´∀`)

その日の夜。
お父さんに試合で突きを出したことについて戒められる珠姫。お父さんの話よりテレビの録画の方が気になってしまうタマちゃんは本当にかわいいな。ちくしょう。嫁にください。
このシーンにしろ、後の額縁のシーンにしろ、お父さんも本当に娘思いのいい人だね。

一方、キリノはなぜか、部活のテーマソングを決めないととサヤにメールする。
これは自分に曲を作ってくれという依頼だと思ったサヤは、徹夜で曲を作り上げる。
結局、キリノはそんなつもりはなくて、サヤの作った曲が無駄になるというベタなオチなわけだが、その落とし方が見事だった。

何故カラオケ!? そして、無駄にクオリティ高ぇ(´゚ω゚):;*.':;ブッ

この展開は予想できなかった。
自分の曲の楽譜を追って、噴水に飛び込んだサヤは、結局ジャージでそのまま帰宅。
部活には出てないのに、存在感だけは一番だった。Bパートはサヤのターンだったな(´∀`)
コジローいわく、

「あいつはデリケートなバリケードだからな」

意味不明です。
今回の話は、特にBパートで笑いました( ´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

スポンサーサイト

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(1)2008/02/06(水)01:03

バンブーブレード 第17話 「光と陰」

今更だけど、東聡莉で「さとりん」は、中の人が佐藤利奈で「さとりん」と言われてもおかしくないのだな。
すごい Σ(゚Д゚)!?

そんなさとりんは、今回ボケ役。あ、今回に限らないか。

バンブーブレード DVD 二本目バンブーブレード DVD 二本目
(2008/02/20)
広橋涼、豊口めぐみ 他

商品詳細を見る

インターハイの北関東予選。室江高と東城高の対決を前に、珠姫は東城高の工作によって足を負傷してしまった。


用具室に閉じ込められたタマちゃんだったが、その窮地を救ったのは東城高の大将・小西だった。あれ?いい人なのかなと思わせといて、実は別の作戦がありましたという罠だものな。
前回の感想で書いたように、小西の取り巻きが仕掛けた閉じ込め作戦はあまりにも拙い手段だったから、小西自ら後始末に出てきたわけだ。そもそも携帯を使えばすぐに脱出できると前回の感想で指摘していたのだが、作中でもフォローされていたね。

糸目の人、目を開けるとマジ怖いんですけど(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

先鋒戦。
おなかを壊したさとりん。さっちんなのか、さとりんなのか、はっきりして欲しい。
そして、まだセガサターンで引っ張るんだ(´∀`)

おなかの調子に合わせて、テンション高くなったり低くなったりと、演技している方は大変だな。見ている方は面白かったけど。
そんな演技をきっちりこなす佐藤利奈は素敵だ。そういった意味では、今回はさとりんのターンだったな。

一方でさとりんの対戦相手のほうも、ちょっとおかしな子だった。

「朧蜜蜂!」

って、技に名前つけるな。
しかも、弱ッ。ミツバチ弱いよ。一回刺したら死んじゃうよ。

次鋒戦。
意外にもミヤミヤが優勢。これまでの練習の成果が出てきて、強くなってきたのだ。
しかし、小田島礼美の姿を見つけて、硬直してしまう。

弱ッ。一瞬で負けですよ。
先鋒戦の扱いとのギャップに笑った。

中堅戦。
サヤの対戦。
時間ギリギリで勝利するサヤだったが、タマちゃんのモノローグに隠れて目立ってない。
サヤは不憫だ(つД`)

副将戦。
対戦前、みんなの思いがキリノを応援する。
そんな中でもおなかの痛むさとりんは「頑張れ私」
たしかに頑張れ(´Д`)

試合はいつにも増して試合に集中しているキリノ。コジローいわく、

「人呼んで、トランスキリノ!」

って、誰も呼ばねえよ!
しかし、キリノは絶好調のまま勝利する。

そして因縁の大将戦。
緊張感と迫力があった。
コジローが、ユージの指摘で珠姫の怪我に気付き、試合開始直前に「足か!?」と叫ぶシーンとか、タマちゃんが気合一閃するシーンとか、そして男子相手にしか使わずに封印していた突きのシーンとか。短い時間に見所が凝縮されていた。

まさに「アトミックファイヤーブレード」

それにしても、広橋涼の声量はすごいね。腹から声が出ているのが伝わってきたよ。

最後のシーン。
コジローが立ち上がったのは、いったいどんな意味を持つのか?

前回は作品の出来にちょこっと(´・ω・`)ショボーンとしたけど、今回はかなり良かった(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(2) | トラックバック(1)2008/01/30(水)00:20

バンブーブレード 第16話 「キリノの欠席と予選大会」

Bパート冒頭の寸劇にぽかーんとした( ゚д゚)ポカーン
突然、サッカーとか野球と言われても。
それともこれって原作を知っていると笑えるなにかなの?

バンブーブレードDVD 一本目バンブーブレードDVD 一本目
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

インターハイ北関東予選を直前にしていたが、部長のキリノが2日も学校を休んでいた。熱を出しても部活に現れるキリノだけに、みんながキリノのことを心配するが。


キリノが大会予選に出れなくなるくらいのピンチなのかと思ったが、意外とあっさりした展開だったので肩透かしを食らった感じ。
それにしてもサヤは本当にキリノのことが好きなんだな(´∀`)

相変わらずドジっ娘なさとりん。
弁当を取り出すときに何かやってくれると思っていたが、まさかセガサターンとは(´゚ω゚):;*.':;ブッ
これは想像の遥か上を行っていたなあ。たしかにみんなでつまむには、これくらいの大きさがないと。
しかし、セガサターンを取り出したときの効果音って、セガサターンのCMで使っていた効果音じゃないのかな? 脳天直撃セガサターンだっけ?

そして出てきたタマちゃんの敵、小西。
しかし、素直に剣道対決と言うわけにはいかないのかな。
小西の取り巻きが勝手にやったことかもしれないけど、あの閉じ込め作戦は簡単に足がつきそうで、いかにも頭の悪い人間の策略だなぁ。タマちゃんは直前で携帯電話を使っていたから、すぐにでも脱出できるような気がする。

ところで、正直言って今回は作画が微妙だった。
これまで、それなりに安定していただけに、今回の絵は際立って劣って見えた。
特にキリノのお母さんの描き方とかありえないよ。この作品は作画で見せるところにも比重が置かれていると思うので、今回の作画はちょっと残念。2クール以上あると、どこかで力を抜かざるを得ないのかなぁ。

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(1)2008/01/22(火)23:44

バンブーブレード 第15話 「初合宿と初銭湯」

(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

何たる釣り。
見事、タイトルに騙されたよ(´∀`)

バンブーブレードDVD 一本目バンブーブレードDVD 一本目
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

剣道部の合宿は、町戸高の剣道部と合同で行うことになった。しかし、合宿はなぜかプール掃除から始まることになった。


銭湯で戦闘とからんま1/2みたいな展開にはならず、銭湯シーンがあっさりスルーされた。
これまで意外とフェチなアングルに定評のある作品だと思っていたが、そういえばこの作品って直接的にセクシーなシーンと言うのはこれまでも無かったな。安易にそういった描写に持っていかないところは、この作品のこだわりなのかも。
だからこそ、逆にプールで服が透けるシーンとかに力が入っているんだな(´∀`)

合宿のシーンは総じて楽しそうであった。彼女たちらしい部活動だ。
一方で、実際に竹刀を使って剣道の練習をするシーンは、いっせいにキャラクタたちが動き出して壮観だった。

どちらかというと和やかな雰囲気で進んだ話だったけど、最後にキリノにとって深刻な展開が待っていた。
剣道部に人が増えて、合宿が出来たことを喜んでいた彼女に対して、この展開は残酷な仕打ちのような気がする。

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/15(火)23:46

バンブーブレード 第14話 「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」

アバンタイトルの小田島礼美が怖すぎ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

バンブーブレードDVD 一本目バンブーブレードDVD 一本目
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

紀梨乃と鞘子は東を剣道部に誘い続けていた。しかし東の入部しないと言う意思は強く、虎侍も二人にあきらめるよう促した。そんなとき、都が東のもとを訪れる。


意外にもさとりん入部のキーになったのはミヤミヤであった。本当に意外だった。
それにしても勧誘というか、強要というか。最初は確かに脅しだったんだけど、そのうち雑誌に載っている広告のように、剣道でみるみるうちに勉強ができるようになりました、という怪しい勧誘になっていく展開が見ていて楽しかった。
それにしても、さとりんは将来怪しい商法とか宗教とかにひっかかりそうでかわいそうだな(つД`)

そして、タマちゃんは一切絡んでこない。さすが不動の主人公(´∀`)?

5人揃ったと言うことで、Bパートはちょっくら回想で時間稼ぎ。
ただ、たしかにここまで長かったから、5人揃うまでの回想は感慨深いものがあるな。

そしてインターハイ予選に向け合宿をすることが決まった剣道部。

帰宅後、食事の席でお父さんに合宿をすることを告げるタマちゃん。
口に物が入っているときは決して喋らないタマちゃんの礼儀正しさが、このシーンの見所なんだろうな。普通、ここまで丁寧に演出しないよね(´∀`)

今回作画がすごく良かったね。

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(1)2008/01/08(火)22:55

バンブーブレード 第13話 「先生たちと生徒たち」

「タマカッコいい」
「タマきもちいい」


この辺の言語感覚は異常(´∀`)

バンブーブレードDVD 一本目バンブーブレードDVD 一本目
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

成明高の剣道部に最後に残った1年生、小川芽衣は室江高との練習試合が終わったら部を辞めるつもりでいた。だが、室江高の一年生、川添珠姫と練習するうちに、彼女の実力に魅せられていく。


今回目立ったのは4人かな?

1人目は成明高の小川芽衣(声:名塚佳織)。
珠姫にダメージを与える小手が見事。って、それ無効ですから。
珠姫の実力にあこがれるメイがかわいい。メイ一人だったらいいのだが、成明高の部員が揃いも揃ってタマちゃんの打ち込みがあまりに見事なのに感動してテンションがおかしくなっていく。そりゃタマちゃんも「なんだろう。このノリ。」とツッコミたくなるよ。

2人目は小田島礼美(声:中原麻衣)。
ミヤミヤと因縁があるのかと思ったら、本当に単なる?ストーカーだったのね。好きだからこそ意地悪するタイプなのか。

3人目は東聡莉(声:佐藤利奈)
珠姫相手にここまで粘った女子はさとりんが初めてじゃ?
この二人の対決はスピード感があって良かったな。剣道はやったこと無いけど、対戦の緊張感が伝わってきた。
それにしても眼鏡はダテだったのか。眼鏡をかけると頭良くなるかなと思ってという思想は、どこのぱにぽにの一条さん理論だろうか( ´∀`)

4人目は林先生(声:小川真司)。
自身の剣道とのかかわりと、教え子たちへの指導法について、本当に真面目に語られていた。あれー、何この展開?と思っていたら、コジローが「林、かっこいー」とモノローグをつけて全部台無しにするのは、この作品らしさかな。

今回はこんな感じで主役以外の人たちにスポットが当たっていた印象で、ある意味変化球なのかもしれないな。まあ、さとりんは今後メインに加わってくるのだろうが、性格が見えてきたね。

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/25(火)23:29

バンブーブレード 第12話 「東の事情とメイの事情」

いまさら気がついた。今回、タマちゃんがほとんど空気だったよ。

バンブーブレードDVD 一本目バンブーブレードDVD 一本目
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

紀梨乃が友達から聞いた室江高1年の剣道の経験者、東聡莉。紀梨乃と鞘子は見学だけと言って、彼女を強引に剣道場へと連れて行く。そして口車に乗せて戦った東の実力が明らかになる。


紀梨乃と鞘子は、東を道場に誘い稽古を始める、
次の練習試合の相手、成明高校。顧問の林先生が厳しすぎて辞める部員が多いのが難点。
林先生の中の人は小川真司。自分的にはジャイアントロボの幻夜の中の人。本当にいい声だよな(´∀`)
最後に残った1年生、小川芽衣(声:名塚佳織)。サブタイトルになっているくらいだから、今後重要なポジションを担うのであろうか?

そして室江高校女子剣道部にいよいよ現れた5人目、東聡莉。
現れたというか、キリノやサヤに拉致されたと言うか。
中田勇次にはかなわないが(正直ユージがそこまで強いとは思わなかったが、さすが男子だ(´∀`))、それでも実力が折り紙付き。上級生二人よりも強いとは。
これで勇次と聡莉のフラグが微妙に立ったようだ。

しかし、いつもは強引なコジローが、東の勧誘には消極的。
その理由は、彼女の成績があまりにも悪いから。
成績が悪い理由はドジっ娘だから。その発想はなかった。しかし、それだったら、部活もしないで勉強しても、あまり改善されないような気がするけどね(´∀`)

流されるままに練習試合にまで出ることになった聡莉。
面白いことになってきた予感。

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/19(水)00:42

バンブーブレード 第11話 「アニメーションとドリーム」

「サインとコサインをタンジェントすると、フェルマーがビックリするわけだ」

ドラえもんの「アルファがベータをカッパらったらイプシロンした。なぜだろう?」に通ずるものがあるな。

BAMBOO BLADEBAMBOO BLADE
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

前回の大会で、室江高の一年生に剣道経験者がいるということを聞いた紀梨乃。紀梨乃は鞘子とともにその子を勧誘しようと動き出す。


どちらかというと、ストーリーの中休みのような回という印象を受けた。
派手な展開はないので、細かい笑いでつなぐ感じ。

ミヤミヤと小田島礼美。
因縁は礼美が好きな人がミヤミヤを好きになったからなのね。しかし、ミヤミヤにはその気はなかったと。結構、イケメンそうだったのに、ミヤミヤにとって何がダメだったんだろう。そして、ミヤミヤはなんでダン君がそんなにも好きなんだろう。

ミヤミヤの恋人と勘違いされ、礼美の放った男三人組に絡まれる勇次。
それに対し、ゴミ捨て場に捨ててあった武器を手に、剣道三倍段と言って勇次は凄む。
でも、孫の手じゃどうにもならないと思うぞ( ´∀`)
それでも、三人組は逃げていくし( ´Д`)

勘違いから始まった痔の話でどんどん話がそれていくあたりが、倉田英之っぽい脚本で笑った。こういったバカバカしい話のつなぎがうまいよ、本当に。

いよいよ名前が明らかになった5人目、東聡莉。
しかしそれ以上に、珠ちゃんがスポットを当てたのは、偉大な谷口悟朗さん。

友情出演・谷口悟朗さん(新人)は実在の人物です(´∀`)
最近だと「コードギアス 反逆のルルーシュ」、有名どころだと「プラネテス」、「スクライド」の監督。今回描かれていたのは異様に濃い顔だったけど、イケメンなところとか微妙に似ていたなあ(・∀・)

その後、急にナレーションが銀河万丈になったり、がんばれ谷口悟朗だったり、いろいろとカオスで笑った。

友情出演なのは、脚本の倉田英之とのつながりかしら? ガン×ソードつながり?
ところで、谷口悟朗さんはコードギアスが終わったら本当に引退するの?

そういえば、原画に木村貴宏がいて、コードギアスつながりだったなとか思ったり。

Bパートはマニアックな展開で、タマちゃんくらいディープな人向けの話だったかも(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(2)2007/12/12(水)00:34

バンブーブレード 第10話 「宮崎都の憂鬱と初大会」

コジローの父親は、小杉十郎太なのか。
テンション上がってきたぜだけじゃ勿体無いものなぁ。

BAMBOO BLADEBAMBOO BLADE
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

珠姫はバイト先で変わった少女と出会う。その子はどうやら都と因縁があるようだが。


虎侍の実家。
酒屋がコンビニになって、仕事は増えたのに儲けは増えなくて、最近の世相を如実に表しているようで笑えなかった。コジローの中の人は小西克幸で、グレンラガンのカミナなわけだが、コジローの思考はカミナと全く正反対だなぁ。

珠姫のアルバイト終了。
せっかくお金を貯めたのに、DVD-BOXを買わずにお父さんの誕生日プレゼントを買うタマちゃんは本当にいい子だ。それにしても、あきらめも早っ。淡々としているなぁ。剣道以外では本当に体温が低いよね。

小田島礼美。
ミヤミヤと因縁のある少女。ミヤミヤと同じく、一筋縄ではいかないような感じ。
それ以上に気になったのが、前回コジローの一悶着起こしたババア(中の人はくじら)が礼美の母親とは。ここで絡めてくるとは思わなかった。ババアとコジローの第2ラウンドもあるのだろうか?

地区の剣道大会が始まり、あっという間に終わった Σ(゚Д゚;)!?
個人戦でタマちゃんはあっさり優勝。本当に無敵だな。
しかし団体戦ではタマちゃんしか勝利できなかった。チーム力の底上げ以前に、やはり望まれるのは5人目の部員。キリノは中学の同級生を通じて、自分の学校に5人目になれそうな少女がいるという噂を聞きつける。いよいよ5人目の登場かと思いきや、ここで時間切れですか。気を持たせるなぁ( ´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード



テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/06(木)00:29

バンブーブレード 第09話 「コジローと運命の分岐点」

「いらっしゃいませー!」

相手を威圧するようないらっしゃいませ吹いた(´゚ω゚):;*.':;ブッ
まだ続いているタマちゃんのバイト。相変わらず一人語りがちょっとズレてて、笑いのツボにジャストミート。

BAMBOO BLADEBAMBOO BLADE
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

買い物に向かったスーパーで一悶着を起こしてしまったコジロー。この事件が、コジローと剣道部の運命を変えることとなる。


珠姫は最初剣道部に入ることには消極的だったが、バイトに時間をとられるようになって部活が気になってきたようだね。
そういえば、5人目がちょっとだけタマちゃんと絡んでいたけど、まだ部活には絡まんのん?

タマチャンから誕生日プレゼントをもらえるものと思って、お礼の言葉をシミュレーションするお父さん。かわいそう。何がかわいそうって、Bパートで全くフォローされなかったところがかわいそう(´∀`)

虎侍とオバさん。
オバさんの中の人はくじら。もう、この声を聞くと「らき☆すた」が連想されていかんなあ。
正直、この二人の意地の張り合いは、見ていてそんなに楽しいものでもなかった。車の件はどちらもオバさんの方が悪いよなぁ。出るとこ出たら、コジローは勝てるのにね。

Bパートは作画に(´・ω・`)ショボーンとするようなシーンがいくつかあって、気になった。非常に残念。

今回の話は箸休めと言ったら失礼かもしれないけど、そういった印象だった。

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/27(火)23:45

«  | HOME |  »


Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。