スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

げんしけん2 第12話(完) 「その先にあるもの…」

「どうしたの? 不良? 不良なの、笹原君?」

無精ヒゲを生やした笹原を見た斑目の言葉。

げんしけん2 第2巻げんしけん2 第2巻
(2008/01/25)
大山鎬則

商品詳細を見る

漫画の編集者になるために就職活動をしていた笹原だが、不採用続きで落ち込んでいた。そして自らがなぜ漫画の編集者を目指していたのかもわからなくなっていた。


笹原、ダメ人間になる。
何をやっても笹原がひどい。
げんしけんに入らなかった場合を仮定した笹原の妄想がひどい。自分でも否定してたけど、そんなさわやかな笹原はねえよ(つД`)
ひげを生やしてイメチェンもねえよ(つД`)
そして挙句の果てに開き直った自虐もひどい(つД`)

よくないことが続くと、落ちるところまで落ちると言う話なのかな。

そんな笹原にやる気を出させたのは、咲と荻上だったが、決め手になったのは意外にも久我山だった。
げんしけんの同人誌「いろはごっこ」を出すために、反発したりもした久我山の言葉だからこそ重みがある。

そして、出版以外の就職先も考えていた笹原は、初心に帰って編集者を目指す。

最終的に希望の編集という就職が決まるわけだが、笹原はその喜びを一番最初に伝えたのは荻上だった。このあたりの展開は笹原×荻上のフォローなのだと思うが、シャワーを途中で切り上げて裸で電話を受ける荻上のシーンは狙いすぎかも。


シリーズを通しての話。
前回懸念したように、やはり笹原の就職話がメインになったため、荻上のトラウマについては触れられず、二人の関係はそのままだった。電話のシーンで良い感じになったのは、それを意識したものなのだろうけど、荻上がオタクを嫌う理由が明らかにならないかぎり中途半端のような気がする。

ただ、今回のシリーズは、げんしけんの同人誌作成という主題が明確だった。だからこそ、最初と最後に笹原、荻上、久我山が中心に話が展開されたのだろう。そういった意味ではきちんと話がまとまっていて印象は良かった。

これまでの流れを考えると、続きはOVAで、とか言う展開ですかね?

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2


スポンサーサイト

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/28(金)23:43

げんしけん2 第11話 「リアル・ハードコア」

スーの発するセリフがアニメのパロディで、天空の城ラピュタとか、うる星やつらとかはわかるんだが、「貧乳はステータスだ!」はらきすたってわけではないんだよね? らきすたもパロディだから。深いな。

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

荻上、コミフェスサークル参加の日。約束どおり笹原が売り子を手伝うが、二人の関係はどこかぎこちない。そんなとき、荻上の中学の同級生が現れた。


荻上がどうしてオタク嫌いを公言するようになったのか。
その一端と考えられる、中学時代の友達との再会。だけど、オタク嫌いの原因は深く掘り下げられなかった。
今回の話で荻上の笹原に対する気持ちはまんざらでも無いことはわかったのだが、自分の中でしがらみとなっているトラウマが残っているから、まだ二人は近づけない。
次で最終話だと思うのだが、あと1回で決着つくのかな。いや、つけなきゃまずいよな。
でも次回予告を見ると笹原の就職話がメインになってそうだし。どうするんだろう。
え、予告で言っているように未完で終わらせるって事?

あと1回ということで、原作にあった軽井沢の話が無くなった。だからこそここで、無理やり温泉ですよ。斑目が自嘲していたけど、超展開だ(´∀`)

大野さんとアンジェラのコスプレ。
グレンラガンのヨーコと、ケロロ軍曹のアンゴル・モア(第二審判儀式装)の組み合わせってどうよ。特に前者は昨今の流行に乗った感じ?
ちなみに原作で二人がコスプレしたのは、FF7のティファとユフィでしたよ。

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/22(土)17:29

げんしけん2 第10話 「オタク・フロムUSA」

I can't believe you are "Sou-uke"!

アンジェラの斑目に対するセリフ。総受けって2回も言ってた。何教えてんだ、大野さん。

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る


コミフェスの直前。笹原と大野は、荻上の家を訪れコミフェスの打ち合わせをする。大野は笹原と荻上がお互いに意識しているのを気にして、二人の仲を進展させるように企てる。そしてその頃、現視研に金髪の女性が現れた。


今回の話に別のサブタイトルをつけるとしたら「笹原の気持ち、斑目の気持ち」なのかな。

前回の予告で言っていたように、今回は原作者である木尾士目・脚本の回。
特に斑目の咲ちゃんに対する微妙な気持ちが描かれていた。

笹原と荻上の微妙な関係。
どっちも人を近づけるのが得意じゃないから、やっぱりだれかがきっかけを作らないと、このまま微妙な関係が続きそう。

そしてアメリカからやってきた大野の友人アンジェラとスー。

英語でアンジェラにまくし立てられた斑目の気持ちは痛いほどよくわかるな。
どうしていいのかわからないという斑目の、声にならないもアウアウというセリフが彼らしいというか。

一方で日本語で自己紹介する高坂。こちらもマイペースな彼らしい。
ここは日本なんだからこれでいいのに、なかなかできることじゃないよね。さすがコーサカ。

ボインの音がするアンジェラ。
中の人の甲斐田ゆきはすごいな。すごい自然な英語に聞こえた。

スーは絶対、中身は日本人だろ。
中の人は後藤邑子だが、そういうことを言っているのではなく、今回の話だと日本語のセリフしかなかったから。そして口にする言葉は全てアニメのセリフ。濃いなぁ(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/14(金)23:39

げんしけん2 第09話 「シューカツはいつも雨」

「僕はやっぱり二次元のほうがいいなあ!!」

コーサカ、ぶっちゃけ過ぎ。

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

漫画の編集者になるため就職活動を続ける笹原だが、数社の面接を受けて、いずれも結果は芳しくなかった。そして、それは人間関係にも微妙な影を落とし始める。


笹原の就職活動。
面接でいつも同じような自己紹介をするのだが、どうも主張が弱い。自分を卑下しているというかネガティブというか、どちらかという控えめな彼の性格が災いしているような印象。
自分を売り込むわけだから、多少は強気に行かなくてはならないのに。やはり笹原の強気攻めは荻上の妄想に過ぎないということか。

一方で、咲ちゃんは自分のお店を持つために行動し、高坂はゲームメーカーへの就職活動中。
久しぶりに再会したところで、高坂の快感論。これには正直引くわ(´д`)
結局夢オチだったわけだが、このセリフには斎賀みつきも大変だなぁと思った。
大変といえば、10回発言の雪野五月も大変か(´∀`)

笹原と荻上の話。
周りが気にするまでもなく、笹原は確実に荻上のことが気になり始めているのだが、就職がうまくいかないイライラ感から、人間関係まで雑になりつつあるような気がした。

作画の話。
咲ちゃんの尻とか胸とかがアップになるカットが気になった。サービスのつもりかもしれないけど、不自然さが際立ってサービスにもならないような。
あと、前回同様、ロングになると作画が安定していないのが気になる。

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2


テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/07(金)00:17

げんしけん2 第08話 「こすけん」

こすけん。
それはコスプレ研究会。
って、ヒネリも何もないですな(´・ω・`)

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

大野が会長になり、新入生勧誘の季節を迎えた現視研。大野はコスプレで勧誘することを考えていたが、その価値観が分からない荻上と対立する。そして、荻上は荻上で悩みを抱えているのだが。


斑目たちがいなくなって、すっかり雰囲気が変わったなぁ。
現視研という枠組みは残っても、中身は全く違うから。

そして現視研に残された大野と荻上の対立。それぞれの趣味、コスプレとやおい同人誌。
形は違えど、自分を表現するという意味では同じだ。荻上の大野に対する反発は、そういった意味で同属嫌悪なんだろうな。そして年上の分だけ、大野さんのほうが少し余裕があるんだろう。二人も少しずつ仲良くなってくる。
平たく言えば、荻ちんはツンデレ(`・ω・´)

今回のサービスは、荻ちんのコスプレ。
下半身のパーツの描き方がエロスです。エロスはほどほどにな。

そういえば、こういったところは作画にこだわっていて悪くはないのだが、今回、ロングにしたときの絵が酷いところがあって気になった。大野と朽木がコスプレ衣装の前に立っている俯瞰のアングルのシーン。明らかに作画がおかしい。少しくらいなら流すけど、あまりに酷すぎなんだ。

Bパートはクッチーにスポットが当たっていた。
日ごろ悪ぶっている人間がいい事をするとすごいいい人みたいだけど、日ごろ気持ち悪い人間がいい事をしても気持ち悪いだけなんだなぁ。かわいそう(´;ω;`)

荻上の舌打ちのシーン。
舌打ちされた方の朽木の思考が、原作ではもっとシリアスだった。しかし、アニメでは顔はシリアス調になっているんだけど、逆にギャグになっていた。同じ台詞をしゃべっているはずなのに、絵の見せ方でずいぶん変わるもんだなぁ。

コスチューム泥棒が狙った衣装って、一騎当千の呂蒙の服? りんしん繋がり?
原作でもあんな感じの服だったから深読みかも。

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/30(金)00:04

げんしけん2 第07話 「卒業症候群」

「まあ、会長が留学した時点で、俺の中では一回終わってましたけどね。」

そんな感じで、感覚的にはげんしけんの第2部完にあたる話。

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

斑目晴信、田中総一郎、久我山光紀、以上三名。本日卒業。


卒業式。あれ、前回から3ヶ月も経ってる?
一瞬、話を飛ばしたかと思った。笹原の妹(笹原恵子)の受験の話はスルーされてますか。そうですか。

田中が卒業し、引越しを考えていることで刺々しい大野さん。現視研の連中は咲を除いて、腫れ物に触るような扱い。咲以外はみんな、大野が後期入学で同学年の仲間と一緒に卒業できないのを知っていたからの態度なんだろう。
仲間の弱いところに踏み込んでいけないナイーブさが、現視研のメンバーらしいところだと思った。

卒業式にあわせて展開された「くじびきアンバランス」。
アニメのくじアンではなく、原作のげんしけんの作中作をベースとしていた。原作では漫画だったけど、アニメではアニメだったね。演出しやすさを考えると、アニメとして置き換えた方が自然か。
くじアンは3回もアニメ化されていることになっているのか。

朽木がきちんと写っていないことには、全くもって気にしていない荻上さん。さすがだ(´∀`)
原作にはなかった、荻上と高柳の話、ハラグーロの話が追加されていた。

今回の話は、ちょっと絵が(´・ω・`)ショボーンな出来なところが気になった。
また、ストーリー的にも三人の卒業という主題があって、そこから突き抜けるようなところはなかったので、結構普通な感じ。

冒頭にも書いたように、特徴的な3人の卒業によって、げんしけんという作品の一つ区切りとなる話であったと思う。

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/22(木)23:11

げんしけん2 第06話 「趣味のモンダイ」

つまり今回の話には「男オタク気持ち悪い」というメッセージが隠されているんだよ!

な、なんだってー!!

みたいな事を考えた(´∀`)

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

冬のコミフェスを前に、現視研のメンバーはコミフェスの予定について話していた。そんな中、大野はオタク嫌いを公言する荻上に対し、コミフェスには行くのかと話を振った。だが、大野の話ぶりにいらだつ荻上は絶対に行かないと意地になる。そしてコミフェス当日、荻上は高校時代の姿で会場に訪れていた。


今回の話は原作6巻の第33話「変・身!!!!」がベースになっている。
原作は26ページしかないので、30分番組するためにどこを膨らませるかが問題になる。そこでアニメでは、現視研メンバーが荻上に対して妄想するシーンが非常に濃厚に描かれていた。

ここで今回の話の意図がはっきりと見えた。
前回の第05話 「マダラメ総ウケ」は荻上が現視研メンバーでボーイズラブを妄想する、いわば荻上妄想祭りだった。今回の話は明らかにこの話に対比させて、現視研メンバーの逆襲というか、荻上妄想され祭りになっていた。

つまり、前回の話は荻上の負の部分をあからさまに描くことで、荻上=腐女子の気持ち悪さをソフトに表現していたが、それだけじゃ不公平で、男オタクも気持ち悪いところがあるのだよということを今回の話で描きたかったんだろうと思った。

なんたるフェミニズム。
原作にないアニメ独自の主張みたいなものがさりげなく仕込まれていて、ちょっと面白かった。

こういったところだけでなく、ネタ的な作りこみもいくつかあって、絶望先生こと糸色望(のコスプレした人?)がコミフェスに参加していたり(「さよなら絶望先生」で望が同人誌即売会に参加するシーンでげんしけんのメンバーらしき人物がモブにいるのでそのお返し?)、大野が広げた同人誌があからさまにコードギアス反逆のルルーシュのルルーシュ×スザクなシーンだったり。こういったシーンがやけに丁寧に作られていて、変なところでこだわっているなと感心した。

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/15(木)23:39

げんしけん2 第05話 「マダラメ総ウケ」

高田延彦もビックリの男祭りっぷり。やおいな展開を、すさまじく丁寧に作りこんでいる。
正直引いたけどな(´∀`)

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

部室でふざけあっていた笹原と斑目。そこに現れた荻上は、二人の関係が怪しいとあらぬ妄想を抱いてしまう。そして荻上は、ボーイズラブに見立てた二人を想像して笹原のイメージ画をノートに描いていたのだが、咲にその姿を見られ、なにやら誤解されてしまう。


笹原が小梅けいと版の「くじびきアンバランス」を読んでるし。何たるメディアミックス。

それはともかくとして、今回は完全に荻上の独擅場だったな。荻ちん妄想祭。
男の喘ぎ声は心から聞きたくないなぁと思った。

妄想の中でもとらのあなで出会う、笹原と斑目。なんじゃ、これ。爆笑してしまったよ。
その後の妄想の展開も、唐突なストーリーとか、突拍子のない舞台設定とか、揃いも揃って美形な部員たちとか、色々とヒドイ(褒め言葉)。荻上の妄想の中では斑目が檜山修之のカッコいい方の声だった。その斑目は、笹原だけでなく、朽木や、久我山、田中とも関係を持っているし。

あ、そうか、だから斑目総受けなんだ。

ガチでボーイズラブというか、やおいの領域に踏み込んでいるんで、耐性がないと視聴はきついかも。
自分は何とか、苦笑い交じりだけど笑えたが。

ちなみに荻上の方言は少し不自然だよね。抑揚がナチュラルじゃないな。
人生の半分を東北に住んでいた者として、断固言わせてもらうよ(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/09(金)23:26

げんしけん2 第04話 「デキテンデスカ?」

「へんじがない ただのしかばねのようだ」

高坂の一言。元ネタはもちろんドラクエ。

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

現視研の連中は、部室で田中と大野の微妙な関係について話し合っていた。そこに当の本人たちが現れ、空気の読めない朽木は直接二人に「デキてんですか?」と問い詰めた。


原作で似たような話があったのだが、何か違和感を感じた。原作を確認したところ、全く新しい話として再構成されていることに気がついた。
元になった話は原作第4巻、第23話「SPACE CHANNEL 2#」。原作とアニメで時系列から違っていて、原作ではこの話はコミフェスの前の話になっている。そして決定的に違うのは原作では既に二人は付き合っていたのだが、アニメでは付き合っていない状態になっている。完全にパラレルワールドになっているのだ。

原作ではどちらかというと、メインは田中と大野ではなく斑目。久我山が二人の関係を田中から聞いていたのに、斑目はそれを聞かされていなかったのですねてしまうという話
アニメの方では完全に田中と大野が恋仲になるまでを主題に据えた話になった。

ちなみに今回の脚本は原作者・木尾士目。
荻上がオタク同士ではうまくいかないという自分の気持ちをさりげなく述べるシーンが挿まれていたりするように、キャラクタの機微がわかっているなあとか思っていたのだが、原作者なら当然だよなあ。

しかし、二人が付き合うきっかけがエロゲーというのはあまりにも恥ずかしいな(ノ∀`)アチャー
いや、恥ずかしいのはここだけじゃなく、今回は全般的にエロスですよ。キスの音とか喘ぎ声とか艶かしすぎ。だからこそ、最後の笹原は死んでいいと思った(ノ `Д´)ノ ==== ┻━━┻

それと、Cパートの朽木の下からのアングルとかも、こだわるのはそこじゃないでしょう、とテレビにツッコミ入れたくなった。なんか膨らんでたよ(((( ;゜Д゜)))

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/01(木)23:09

げんしけん2 第03話 「アツい夏の一日」

「おまたせ、千尋ちゃん!」

高坂、女声が気持ち悪ぃ(´゚ω゚):;*.':;ブッ
中の人、斎賀みつきさんは女性なのに、男の声の方が違和感無いって。演技でわざと女声が気持ち悪くしてるんだろうけど。いや、そう思いたい。

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

コミフェス当日。サークル入場した笹原と高坂は、完成した同人誌と初めて対面する。ブースの設営後ハラグーロが現れるトラブルがあったが、10時になり、いよいよコミフェス3日目が開始された。


冒頭にも書いたけど、一番おいしいところを高坂がさらっていった。
原作だと橘いづみのコスプレをしていたのだが、アニメのくじびきアンバランスで橘いづみのキャラが薄くなったためか秋山時乃のコスプレをしていた。おかげで露出度大幅ダウンですよ。
そのつながりで、原作では生足だった高坂が、アニメではタイツになり、斑目と久我山がタイツについて語るフェチトークになっていて、見ているこっちは少し苦笑い。

原作との違いでもう一つ気になったところがあった。
笹原と久我山が完成した同人誌を前にして、「本作れてよかったっす」、「だな」と会話を交わすシーンはアニメだけの演出だ。前回、口論になった二人が、こういった形で自分たちのやってきたことをお互いに意味のあったことだと共感しているシーンが追加されたのは、脚本家の良心かな。少し、ほっとすることができた。

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/10/26(金)00:08

«  | HOME |  »


Calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。