スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

しおんの王 第15話 「時の答え」

今回の話は将棋に見所があったよ。ポイントは心理戦と早指し。

(仮)しおんの王 一(仮)しおんの王 一
(2008/01/25)
朴ロ美、水野理沙 他

商品詳細を見る

トーナメント本選が始まった。紫音の対局相手は、育ての親の安岡だった。安岡が紫音に将棋を教えて8年。序盤、紫音は自分の将棋を知りつくしている安岡に苦戦する。


安岡お父さんは、将棋だけじゃなく紫音の性格まで知り尽くしているから、棋譜だけじゃなく紫音の表情から仕草まで使って、その後の展開を読んでいく。
でも、紫音もお父さんのことをよく知っているから、怒っていることを察することができたし、自分がお父さんより優れているところをわかっているのだ。
血はつながって無くても、いい親子だな(つД`)

今回の対局は、早指しのメリットみたいなものがテーマになっていて、将棋の奥深さを知ることが出来た。持ち時間を多く残すことの利点。将棋に親しんでないと、こういったものはわからないから、本当に勉強になった。

そして、この対局、紫音が勝利する。
お父さんの敗因は、紫音の事を知りすぎていたことなのかもしれないな。

それにしても、この対局を見ていた悟が、紫音の将棋の癖まで見抜いていたところが気になるな。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

スポンサーサイト

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/02/04(月)23:44

しおんの王 第14話 「挑戦の譜」

「たった一局でもな。棋譜は永久に残るんだよ!」

羽仁名人、かっこいい。
紫音との対局で安岡父が手心を加えるだろうという小林の発言に対する言葉。
あまりにも気持ちのこもった言葉だったので、何かの伏線かなとも深読みしてしまう。

(仮)しおんの王 一(仮)しおんの王 一
(2008/01/25)
朴ロ美、水野理沙 他

商品詳細を見る

斉藤歩の正体を知ってしまった二階堂沙織。沙織の行動次第で、歩は将棋の道を閉ざされるが…
そして、トーナメント本選の抽選会が始まった。


沙織さんが口にした、女流棋士に対する周りの見方と言うのは、原作者の思いが強く反映しているのかなあ。原作でもそういうシーンがあれば間違いないと思うのだが、原作は読んでないので断定できない。

母が病院を出れるのが2,3ヶ月後という歩。沙織は素直に退院できるの意味で取ったのだが、それは明らかに死を意味する言葉であった。
それだけ母の具合が悪いのなら、歩が仮に賞金を手にしたとしても救えないのかもしれないね。

結局、沙織も歩の行動を咎めないわけだが、物分り良すぎじゃない?

殺人事件の犯人として浮上した安岡お母さんの弟だが、アリバイが成立していたのであっさりシロ。姿を見せることなかったので、本当になんだったんだろうというくらいあっさりしている。

トーナメント本選の抽選会。
抽選に携帯を使うのはどうかと思ったが、仕掛けをするためだったのか。
あの場で抽選番号を示すメールがいつ送られたのかなんて気にする人間はいなくて、仮に気にされたとしてもメールや携帯の時間を操作するのだって簡単な事だからな。この仕掛けはうまいかも。
そして決まった親子対決。本人たちは意外と冷静に受け止めている。

それにしても、携帯を使えない安岡父という展開はベタだ。それを見て、お約束と頬を染める紫音はかわいいーな(*´Д`)

対戦相手が決まったあと、またも紫音を挑発する悟。ここまで紫音に絡む意味がまだよく見えない。
そして、そんな状況に現れた歩は紫苑を守ろうと声を荒げる。歩はいい人だな(*´Д`)

この状況で紫音は悟の指や声が、殺人事件の犯人に似ていたと気付く。
これって、犯人が羽仁兄弟どちらかの二択ということの示唆?

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(1) | トラックバック(0)2008/01/27(日)22:57

しおんの王 第13話 「表裏一体」

「ところで二階堂さん。あなた、名人とはもう寝たのかな?」

エロジジイの策略かと思ったら、逆に沙織を発奮させる言葉だったとは。京戸九段は実はいい人?

(仮)しおんの王 一(仮)しおんの王 一
(2008/01/25)
朴ロ美、水野理沙 他

商品詳細を見る

優勢だった紫音だが、自らの攻め急ぎが契機となり羽仁悟の十字飛車で一転窮地になった。


「詰めろ」って突然出てきたような気がするが、これまでに説明があったっけ?
私はハチワンダイバーを読んで知ったからわかるからよかったけど、本当にフォローが少ないアニメだと思うなぁ。

結局、悟に負けてしまう紫音。
悟は、負けた紫音が泣き出してしまうことを期待していたようだが、紫音はそこまで自意識過剰じゃないよな。紫音自身は、安岡父が昔言っていた負けて強くなるという言葉を覚えていたからこそ、負けても笑顔でいられたのだろう。

それにしても、悟の回想で出てきた「かずみ」という女性。今後重要なキャラっぽいね。

斉藤歩に優しくする安岡父。
それは、安岡がかつて神園九段に助けてもらい、紫音を引き取ることを決めたという過去があったから。だからこそ安岡は神園の弟子である歩に恩返しをしたわけだ。
こういう巡り巡ってという話は胸にぐっとくるな。そして、神園先生はどんだけツンデレなんだ。

紫苑の靴の靴紐を切られたという事件。
自分で自分の指を切った悟がナイフを手にしていたわけで、いかにも怪しい。
しかし特に証拠は無い。どうやって後々の話につなげるのかな。

そして唐突の敗者復活戦。
紫音と歩はあっさり勝つし。急展開に絶望した。
沙織さんだけは予選敗退。まあ、勝負は水物だからな。

羽仁真の携帯を使い、沙織に歩の母の見舞いに行くように仕向ける悟。
これは、どこまでの意図した策略なのだろうか。そして悟はどこまで情報通なのか。まあ、探偵を使ったのだろうな。
おそらく沙織に歩の正体を気付かせるのが狙いで、そのとおりになったのだろう。
この展開は次回が気になるな。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/24(木)00:02

しおんの王 第12話 「狐の読み」

今回は将棋のシーンが本当に面白かった。
一手の重さと言うのが十二分に表現されていたと思う。

(仮)しおんの王 一(仮)しおんの王 一
(2008/01/25)
朴ロ美、水野理沙 他

商品詳細を見る

トーナメント予選三回戦。安岡紫音vs羽仁悟、二階堂沙織vs羽仁真名人、斉藤歩vs安岡信次八段の戦いが始まった。


悟のカマトトぶりがいい加減いやらしく感じるようになってきた(´∀`)
本当に嫌な奴だな、こいつは。
紫音はそんな悟を見て、彼が将棋を憎んでいると感じる。普通だったら単に性格悪い人と思いそうなもんだけど、どうしてそこまで感じ取れたんだろうか。まともに対局しないところ、偽りの棋風からかな?

この二人の対局はギスギスしているが、残りの二つの対局はどちらも年長者が真っ向から受け止める展開。

名人はともかく、安岡お父さんも流石にプロだな。
歩をあっさり受け流し、歩自身に経験が不足していることを分からせてしまう。
そして本当にいい人だ。すっかりお父さんの表情だ。

神園先生もすっかりいいおじいちゃんになっちゃったな。弟子を心配する姿が本当に優しそうな表情だった。

羽仁名人と沙織の対局。
一見無駄死に見える9四角。これはたしかに凄い手だな。
私自身は将棋はそんなにできないけど、相手の攻めを遅らせるために大駒を犠牲にする手は、なかなか思いつかないよ。まあ、だから名人なんだろうけど。

冒頭にも書いたけど、将棋の魅力と言うのが表現された回だったように感じた。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/14(月)12:08

しおんの王 第11話 「疑惑」

「いいにおいがします」

紫音は香りフェチですか(´∀`)

(仮)しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、松本保典 他

商品詳細を見る

紫音にかかってきた電話。それは8年前、紫音の両親を殺した犯人からのものであった。
一方、久谷が帰宅途中に悟と幸子が一緒にいるところを見かけてしまう。


久谷のターン。
それにしても久谷はまだプロじゃなかったのか。基本的なところに気付いてなかった(´Д`)
師匠の奥さんと悟が密会しているところを見つけてしまう久谷。なんて間の悪い奴。
しかし、一方で沙織さんとのフラグが立った予感(´∀`)

そんな久谷はプロにあっさり勝っちゃうし。
プロの威厳があんまり無いところが、この作品で気になってしまうところだな。

悟の行動がますます怪しい。
幸子との密会。個人的に紫音の事件を調べるのもおかしいと思うが、それ以上に幸子さんに教える必要があるのかな。そこがわからない。
紫音の母親の日記にあった「一美」という名前。それが幸子の弟の「かずよし」のことじゃないか、ということで連絡を取ったらしいが。動機としては弱いような。
しかも、犯人が紫音にかけてきた電話。それは、久谷が無くした携帯電話からかけてきたもので、しかも翌日に悟が拾ったと言う。
刑事が久谷の携帯に久谷以外の指紋が無かったって言ってたけど、悟が携帯が落ちているのを発見したのだったら悟の指紋があってしかるべきじゃないのかな? この辺は刑事さんが言わなかっただけと考えるべきなの? それとも脚本のミス? そうじゃなかったら、悟が犯人ですと断定しているようなもんだけど、こんな些細な事で犯人と明かすわけ無いよなぁ。

ちょっと悟がどんどん真っ黒になっていくにつれ、逆にミスディレクションじゃないのかと言う嫌疑が強くなっていくような気もする。とりあえず、今ある情報だけじゃまだよくわからん。

そういえば最後のカットの悟が怖すぎ。
なんか精神崩壊しているような感じだった(つД`)

どうでもいいところに気になったので書いておく。
久谷が携帯なくしたことに気がついたカットの背景のポスターがおかしすぎ。デジカメの広告だと思うが「脅威の2.07ギガピクセル」って。1000万画素でも10メガピクセルですから。どんだけ未来だよ(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/25(火)22:47

しおんの王 第10話 「おまじない」

クッキーを持って、にへらと笑っている紫音がかわいいよ(´∀`)
対局料を前借りできなくておかんむりな歩にはスルーされたけど。

(仮)しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、松本保典 他

商品詳細を見る

トーナメント予選二回戦。紫音の対戦相手はアマチュアの小学五年生、本間素生であった。対局中、劣勢になった素生は、紫音に対して勝つためのおまじないをしてみせた。それは、紫音の両親を殺した犯人しか知りえない行為だった。


前の対局でプロ九段に勝利した本間素生。
実際に人と指すのは2度目だという。彼の場合、将棋といえばネットで対局するものなのだ。
だから、駒を並べるときの扱いも雑だし、駒の持ち方も紫音とは全く違って見えるのが面白い。

そして、紫音は彼との戦いで、透明な何かと戦っているような感じを受ける。
今年話題になった将棋漫画「ハチワンダイバー」(by.柴田ヨクサル)とは全く逆の展開なのが気になった。
ハチワンダイバーはネットを介して、相手の気迫を感じ取った。そしてしおんの王では実際の対局の場なのに、相手の気配は感じられない。
同じ将棋を扱った漫画なのに、捉え方が違うのは興味深いな。

劣勢を感じた素生が見せたおまじない。
紫音はいくら両親の死の状況を思い出したからと言って動揺しすぎでは。まあ、たしかに何でこんな小学生が知っているのかと思ったら、動揺もするかもしれないが。

素生がネット将棋で戦った相手は間違いなく紫音の両親を殺した犯人で、しかもそいつは、久谷の携帯を盗んで紫音の携帯の番号を手に入れ直接電話してきた。あきらかに将棋協会の建物の中にいたわけだから、羽仁が犯人の疑いが濃くなるわけだ。どんどん真っ黒になっていくなぁ。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/17(月)01:03

しおんの王 第09話 「師弟」

どうでもいいんだけど、これ(↓)が本当にDVDのパッケージなのかな?
これなんてエロゲ?(´∀`)

(仮)しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、松本保典 他

商品詳細を見る

二階堂沙織の対戦相手は神園九段であった。神園の気迫に萎縮する沙織。それを感じ取った羽仁は、沙織に落ち着くよう声をかける。


フリーザ様(中尾隆聖)の声が格好良過ぎて、今回の聞き所はここ一択と断言してもいいや。

絵が酷く崩れるというわけではないのだが、良いというわけでもないのが気になる。アバンタイトルの歩とか、序盤の沙織とか、顔が違う。まあ、一番違うのは神園九段だろうけど。アップになったときの描きこみの丁寧さには感心するのだが、そうではないところの微妙さが気になってしまう。

血溜まり。
思わずWikipediaで「将棋盤」を調べてしまったが、本当にそういうことが書いてあった。
それにしても、羽仁名人の一言も気になるな。助言してまで、沙織をトーナメントに残したかった理由は何だろう。

今回、川澄綾子はお休みだったのか。主人公なのに。紫音が出ていたから気にしていなかったけど、たしかに一言も発してなかったな。

Bパートは沙織と神園九段の将棋でほぼ完全に占められていて、それ自体面白い話だったと思うが、忘れてはいけないのは紫音の次の対戦相手・本間素生がネット将棋で対戦していた相手が紫音の両親の殺人犯だったこと。すっかり将棋アニメと化していたので、そういった展開もあったなという感じだったが、今後どのように絡んでくるのか。

今回の対戦で、沙織は棋士としての気迫を身につけて、神園九段はすっかり老け込んじゃったような感じだったね。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/10(月)01:02

しおんの王 第08話 「夢への扉」

この作品は本当に女性陣がかわいく描かれている作品だと思う。歩くんを含めて(´∀`)
作画もそれほど崩れないし、安定感があるなぁ。

しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、朴ロ美 他

商品詳細を見る

プロ、女流プロ、そしてアマチュアも参加できるトーナメント。羽仁名人の後押しもあって、実際に実現にこぎつけた。紫音も参加を決めたこの棋戦、いよいよ戦いの幕を開ける。


羽仁兄弟の過去。
母の死を前にしても、兄との将棋の続きをしようと言い出す。さすがにこれは異常だ。
兄、真も将棋の続きを考えていたと告白するが、実際に口に出すか出さないかは大きな違いだよな。
悟はちょっと特殊な感覚を持っていることを示すエピソード。

紫音と歩の母の話。
看護婦さん、紫音が描いた似顔絵で歩って分かっちゃうんだ。どんだけ特徴的なんだ。しかし、他人の病室を教えるのはいかがなもんかと。まあ、子ども相手だからかな。
紫音が歩に渡して欲しいと、歩の母に託した「重要!」と書かれた封筒。ラブレターと聞かれた紫音の顔が可愛い。親経由でラブレターを渡すシチュエーションなんてありえないだろうに。意外とお母さんは天然なのかな。歩と紫音は明らかに年が離れているのだから、学校の知り合いってわけでもないだろうし。
それにしても歩くん、お母さん似なんだね。

トーナメントの開始。
歩は初戦は勝ったようだが、別の問題が発生。それは病院からの電話。
お母さんに何かあったのだろうか?
紫音との歩のお母さんのシーンで、退院するのは死ぬときみたいなことを示唆していたので、ちょっと不安。

そして紫音の初戦。
対戦相手はアマチュア。戦う前からよくしゃべる男だ。
こういう奴はたいてい口だけだと思っていたが、ちょ、いくらなんでも、雑魚過ぎ。
いくら女流とは言ってもプロをなめるから。

だが一方でプロに勝ってしまう羽仁悟。
そして、悟はともかく、小学校五年生が九段に勝つってどういうことよ。
将棋の方はいろいろと波乱含みになってきたな。ただ、紫音の両親の事件のほうは微妙になおざりになってきたような。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/03(月)00:22

しおんの王 第07話 「遊び駒」

「誰だろう? 妙に親父ウケのいい子だからな」

対局場に現れた刑事を見た斉藤歩の言葉。紫音に対して、どういう認識なんだ。
そして、若い刑事さんは美しい歩くんに、思わずポッ。これには笑った(´∀`)

しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、朴ロ美 他

商品詳細を見る


羽仁悟の企みで、戦うことになった紫音と沙織。実力のある沙織だが、紫音はなぜか歩と対局したときのようなドキドキした気持ちを感じなかった。


悟、突然の片思い発言。紫音が将棋に集中しているのに対し、沙織の気持ちが羽仁名人を意識してそぞろになっていることを察したからだろう。
悟の横でその発現を聞き、頬を染める小林。絶望先生自重すれ(´∀`)

沙織は嫉妬深いなあ。羽仁兄のことになると紫音が相手でも容赦無しですよ。

二人の対局は沙織が優勢に進めるが、紫音のたった一手の中合いの歩で形勢大逆転。
将棋はそんなに詳しくないけど、この程度の手が読めないのは明らかに沙織の不注意。
その後の沙織が動揺するシーン。ほとんど目のアップで心情が語られているんだけど、揺れるフレームと視線の動きだけでも緊張感があった。声の感じもよかったからかな。
結局、沙織の動揺を見抜いた悟によって勝負はお預けに。悟は羽仁名人同様、洞察力が鋭いな。

悟は自らがスポンサーになる棋戦にふさわしい人間か見極めるため、歩と対局することになる。その戦いの前で、悟が子どもの頃に遊んでいた将棋の駒の「王」を一つ無くしたことを語るシーンは意味深だなぁ。今はこれ以上の情報はないが。
悟と歩の戦い。悟は歩の互角以上の実力を見せる。悟は万能すぎませんかね。
結局、悟は歩の実力を探るため、悪手を打ち負けてしまう。

紫音に誘われ、一緒にファーストフード店に入る歩。
紫音には正体がばれているからと、歩はトイレで気楽な男の姿に戻る。
着替えた後でも、歩は十分女の子に見えるなあ(´∀`)
このシーン。ドーナツをくわえたまま身体を動かす紫音が、小動物みたいでかわいい。お行儀は悪いけど。

ところで、歩は男の格好に戻ったけど、ピンクのブーツはどうしたんだ Σ(゚Д゚;)ハッ!?

今回も刑事さんを出てきたところを除けば、将棋アニメの要素が強かったな。
殺人事件にシフトしなくても十分面白いけど。あんまり話題になっていないようだけど、悪い作品じゃないと思う。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/25(日)20:14

しおんの王 第06話 「挑発」

料亭は初めての紫音の顔が酷すぎ。
なんだあの目は。紅茶噴いた(´゚ω゚):;*.':;ブッ

しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、朴ロ美 他

商品詳細を見る

温泉旅行に出かけた安岡一家。
それは紫音の骨休めためだったが、安岡の弟子・山村香太郎の墓参りを兼ねたものだった。


今回は登場人物たちの背景を強化する展開。

刑事さんの空気の読めなさっぷりがスゴイ。
旅行途中の人間まで問い詰めるほど急ぐ理由なんてないだろうに。しかも被害者なのに。
あと、乗っていた新幹線が東海道新幹線に見えなかったのは、JRに対する配慮だろうか。あと新横浜駅、東京から向かったらホームが逆側だと思う(そんなところまで気にする人もいないと思うが)。

いきなり出てきて、いきなり死んでいった香太郎お兄ちゃん。
あまりのスピード展開に唖然とした。香太郎の通夜に現れた羽仁名人の傍若無人っぷりも、さらに唖然。
そして語られる安岡お父さんの過去。名人まであと一歩だったということは、それなりに強い人なのね。
これらの話で見えてくるのは、羽仁名人と安岡一家で、少なからず関係というか因縁があるということだね。

温泉。せっかくのサービスタイムなのに、扱いがあまりにあっさりしているので(´・ω・`)ショボーン
カメラさん、もっと寄ってよ。

歩のターン。
親父がろくでもない人間だ。子どもの稼ぎを持っていってしまうなんて、綾崎ハヤテのように不幸だな。
Σ(゚Д゚;)ハッ!?
歩の髪が長いのは、もしかして髪を切る金すらないからかな(´;ω;`)ブワッ

中学生している紫音。友達とも仲が良いようだし、幸せそうだ。
だけど、高校に進む気はないらしい。将棋一筋ってことだろう。
紫音が懸念するように、父は理解するだろうが、母は反対するだろう。親子関係にひびが入ることはないだろうが、今後、ぎくしゃくしそう。

そして、紫音は沙織とともに小林に連れられて、羽仁悟と出会う。
紫音が持つ勾玉。なぜか羽仁悟も勾玉を持っている。そして、それを見るときの顔があからさまに悪役面だ。
今までも結構思わせぶりだったけど、やっぱり紫音の両親を殺した犯人の第一候補なんだろうか。冒頭に出てきたときも、指が綺麗というところを示していたし。
でも、ミスディレクションの可能性もあるから、まだまだ油断はしないぞ。

この作品、何クールなんだろう。
話がどんどん広がっていくんだけど、ちゃんとまとめられるのかな。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/18(日)17:10

«  | HOME |  »


Calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。