スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

墓場鬼太郎 第04話 「寝子」

「父さんの作るおかずはセンスが無いからなあ」

鬼太郎のセリフ。
いやいや。センス云々言う前に、目玉親父が弁当をつくるだけでも驚きなのだが。
しかもおかずはドブネズミ。

モノノケダンスモノノケダンス
(2008/02/14)
電気グルーヴ

商品詳細を見る

鬼太郎のあこがれる少女、寝子。彼女には人に言えない重大な悩みがあった。
そして、鬼太郎の周りに不穏な人物が現れる。


美少女寝子さんの秘密。
ネコさんの名前のとおり、そして服装からわかるように、まるっきりネコ娘である。
ネズミのにおいをかぐと、ネコに化けてしまう。もはや人間ではない。このあたりの荒唐無稽なところが、あまりにも大胆な展開で逆に面白い。

そんな寝子さんの声はしょこたん、中川翔子。
正直、あんまりうまくないと思うのだが、ネコ状態になったときの声ははまっていたと思う。

そして鬼太郎の前に現れたニセ鬼太郎。

たしかに原作でも偽者の鬼太郎が出てくる話を読んだ記憶がある。
そして、先の読めないすごい展開だったと記憶している。
今風の作品と比べると、明らかに超展開と呼ばれるような話のつくりかたをしているから、馴染めない人は馴染めないと思うが、大雑把なところに目をつぶれる人には面白いと思う。

それで、アニメの方もその片鱗が現れる。
ニセ鬼太郎が寝子さんをつれて、いきなり心中ですよ。
しかも絶望先生でもできないことをあっさり成功させてしまった。あまりに唐突な展開に思わず( ゚д゚)ポカーン 次回はどうなるんだろう。続きが気になる。

ところで、本物の鬼太郎と偽者の鬼太郎はちゃんちゃんこが違っていて、縞柄かチェックかで簡単に見分けがつく。だけど、途中でちゃんちゃんこが入れ替わっていた。どこで入れ替わったのかな? 偽者の方が盗み出したのかな?

にほんブログ村 トラコミュ ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)へ
ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)

スポンサーサイト

テーマ:墓場鬼太郎│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
墓場鬼太郎 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/02/01(金)23:42

墓場鬼太郎 第03話 「吸血木」

鬼太郎といい、ねずみ男といい、鼻息の使い方に定評のある作品だな。フハッ!

墓場鬼太郎 (1)墓場鬼太郎 (1)
(2006/08)
水木 しげる

商品詳細を見る

夜叉とドラキュラの対決から生まれた吸血木。ねずみ男はこの木を歌手であるトランプ重井に植えつけた。


吸血木。
本当に駄洒落のレベルだが、人が植物に変わるシーンはマジ怖ぇ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
完全にグロい。完全に恐怖である。
そして、ねずみ男がトランプ重井という男に吸血木を植えつけた理由は単なるやっかみで、自分の嗜好を満たすだけの好意に過ぎないことが、よりいっそう恐怖を引き出していると思う。
シュールなのだが、やはり怖い。

地獄から戻ってきた水木氏。鬼太郎の希望で「ねこや」という下宿に住むことに。
鬼太郎がそこに下宿を決めた理由は、寝子さんという女性の存在。なんたる色ガキ。
鬼太郎の本性なんてこんなもんですぜ(´∀`)
寝子さんの中の人は中川翔子。

トランプ重井の扱いもひどいものだ。
オチにいたる展開に( ゚д゚)ポカーンとしてしまった。やっぱり大雑把だよな。むしろそこに面白さを感じる。
それにしても重井さんがピエール瀧だとは気付かなかったよ。
あとトランプ重井って、フランク永井のパロディなんだろうが、若い人間は置いてけぼりだな。

にほんブログ村 トラコミュ ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)へ
ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)

テーマ:墓場鬼太郎│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
墓場鬼太郎 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/26(土)00:47

墓場鬼太郎 第02話 「夜叉対ドラキュラ四世」

「父さん、こいつ殴っていいですか?」
「まあ待てや」


初対面のねずみ男が癇に障った、鬼太郎と目玉親父のセリフ。
ドライ過ぎる(´゚ω゚):;*.':;ブッ

墓場鬼太郎 (1)墓場鬼太郎 (1)
(2006/08)
水木 しげる

商品詳細を見る

永い眠りから覚めた夜叉。日本にやってきた吸血鬼ドラキュラ。二人の妖怪は偶然同じ獲物を狙う羽目になった。


面白すぎる。今のところ、今期一番私のツボにはまった作品はこれだ。

前回の話からきちんとつながっているんだね。
地獄に行ってしまった水木さんの家に鬼太郎は住み着いているようだった。
そして、水木さんに幽霊患者の調査を依頼した社長が、今回の話のキーになっている。

展開が唐突で、行き当たりばったりな感じがするけど、逆に先が読めなくて次が気になる。

サブタイトルのとおり、夜叉vsドラキュラの戦いがメインで、鬼太郎は夜叉に操られていただけと言う。なんというヘタレな主人公だ。しかもやったことは、と言えば、社長を地獄に連れて行ったこと。完全に悪者だな。

それにしても、目玉親父が天ぷらになったあたりからのシーンは面白すぎ。
宿屋で、ドラキュラ、ねずみ男、社長がご飯を食べるシーンはシュールで、笑いが止まらなかった。「ずいぶんお得ですね」のような大雑把な台詞回しとか、大盛りのご飯茶碗を手にしているカットとか、目玉親父の登場の仕方とか、どれをとっても馬鹿馬鹿しくて、本当に爆笑した。これって、原作のノリなんだけど、アニメとして面白く作ってあると感心したよ。

あと、大塚周夫のねずみ男って、そんなにイメージが無かったけど、聞いてみてすんなり聞こえてきた。海原雄山のような威圧感のある喋りじゃなく、ねずみ男のような軽い存在でもちゃんと演技できるというのは、流石大ベテランだと思った。いまだにそういった声を出せると言うことも含めて凄いです。

いやーそれにしても本当に楽しい。シュールな笑いが好きな人にオススメ。

にほんブログ村 トラコミュ ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)へ
ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)

テーマ:墓場鬼太郎│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
墓場鬼太郎 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/18(金)22:59

墓場鬼太郎 第01話 「鬼太郎誕生」

水木さんが切符を渡すシーンがあまりに素直すぎて噴いた(´゚ω゚):;*.':;ブッ

墓場鬼太郎 (1)墓場鬼太郎 (1)
(2006/08)
水木 しげる

商品詳細を見る

心臓が止まり脈も体温も無い入院患者。まるで幽霊のようになってしまったこの患者の謎を解くように依頼された水木は、原因となったと思われる人物の居る場所を訪れる。それは、自らの家と同じ住所であった。


★原作は少しだけ既読

これはダークホースだった。
期待以上に面白かった。
何故面白いかと言うと、今風でなく、媚びていないところが逆に新鮮に感じられた。

ストーリーは原作に非常に忠実だと思う。
水木しげるが描く鬼太郎の不条理な感じがそのまま描かれていた。

鬼太郎誕生は、たしか10数年前に読んだことを記憶している。
その頃はまだ子どもだったから、原作の絵が怖くて、まさに怖いもの見たさで読んだことを思い出した。今回のアニメ、絵的にも原作のおどろおどろしさがきちんと描かれていて、非常に好印象だった。

鬼太郎が死んだ母親から生まれたこと。目玉の親父がどうして目玉だけになったのかということ。このあたりがきちんと今回の話で描かれていて、原作を知らなかった人は衝撃を受けたのではなかろうか。
鬼太郎の見えない左目が目玉の親父になったわけではないと言うのが、一番重要なポイントである。
それにしても目玉の親父は目玉になる前の声が郷里大輔なので、ギャップに笑った。

声と言えば、野沢雅子はさすがだ。
赤子の鳴き声といい、成長した鬼太郎のふてぶてしさといい、自然に演じられている。
もうこの声以外に考えられないくらい、鬼太郎がはまり役だ。さすが初代である。

OPも電気グルーヴの「モノノケダンス」と、水木さんの漫画をベースにした映像の親和性が高くて好印象。吸血鬼エリートとか出てくるし。作っている人は、鬼太郎をよく知っていると思った。

このテンションの高さで最後まで作れたら、これは傑作になると思う。
ただし、見る人は選ぶと思うけど。

にほんブログ村 トラコミュ ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)へ
ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)

テーマ:墓場鬼太郎│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
墓場鬼太郎 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/11(金)23:36

«  | HOME |  »


Calender

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。