スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

キミキス pure rouge #03 「book mark」

「これからも話しかけてもいいかな。その…クラスとか、休み時間とか……」

キミキス pure rouge (1)キミキス pure rouge (1)
(2007/12/21)
小清水亜美.水橋かおり.池澤春菜.広橋涼.田中理恵.能登麻美子.野川さくら.中原麻衣

商品詳細を見る

一輝の妹である菜々は、摩央の歓迎会をカラオケボックスで開くことを提案する。人数による割引を有効にするため、あと二人集める必要があるが、摩央は機転を利かせて光一が思いを寄せる結美を誘うように仕向ける。


相原菜々と里仲なるみの仲の良さにあてられた。
何ですか、この百合っぷりは。もう、お前ら付き合っちゃえよ。

光一にしろ、一輝にしろ、男連中がヘタレでしかたない。結局、結美を誘ったのは摩央姉ちゃんだし。
だが、カラオケの後、光一は自分の思いを少しだけ結美に伝える。本当に小さな小さな一歩。あまりに純情で、なんでもないお願い。だが、光一が自分の言葉で伝えたことは、彼にとって大きな成果だったのだろう。

なんと言うか、見ているほうが赤面してしまうような作品だな。
まさにニヤニヤ動画。

脚本:爲我井徹

何か聞いたことある名前だと思ったら、この漫画(↓)の原作者ですか。
Kana (1)Kana (1)
(1999/01)
為我井 徹、相楽 直哉 他

商品詳細を見る

読んだ記憶はあるんだが、全くもって覚えてない(`・ω・´)
キミキス関係ないし。

にほんブログ村 トラコミュ キミキス pure rougeへ
キミキス pure rouge

スポンサーサイト

テーマ:キミキス│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
キミキス | コメント(0) | トラックバック(0)2007/10/23(火)00:49

キミキス pure rouge #02 「cool beauty」

「うどん同好会!?」

(゚Д゚) < そんなものは無い
と、ツッコミを入れたくなった。

キミキス pure rouge (1)キミキス pure rouge (1)
(2007/12/21)
小清水亜美.水橋かおり.池澤春菜.広橋涼.田中理恵.能登麻美子.野川さくら.中原麻衣

商品詳細を見る

相原一輝は、「実験」と言ってキスをしてきた二見瑛理子のことが気になっていた。翌日の入学式、一輝は二見の姿を探していた。


あちこちのサイトやらブログを見て、ようやくわかった。このアニメ、主人公が一人じゃないのか。第1話の感想を書いたときに、マルチエンディングなゲーム(だよね?)のアニメ化で、どうやってカップリングするのか気になっていたのだが、これもっとも単純で妥当な解決方法だと思った。

まだ、2話目だけど、今のところ三角関係とかになっているわけでなく、きわめて健全に1対1のカップリングになっているようだ。
今後の展開を考えると、このまま純粋に進んだとしても盛り上がらないので、いくつか波乱が待っていると思う。ただ、あまり人間関係をこじれさせても見ているほうも混乱してしまいそうだから、どのような案配で話を作っていくのかが今後の見所。

既に絵が少し微妙になってきた。特に動画。顔とか若干ゆがむときがあるのが気になった。
この作品、どこに魅力を持たせるべきか考えたときに、真っ先に作画を良くしないとお客さんが放れていっちゃうと思うんだけどな。絵作りだけはきちんとして欲しい。

色んな女性が出てくるけど、やっぱり今一番気になっているのは、マリアさんじゅうななさい、じゃなかった、二見さんじゅうななさい?
謎めいた雰囲気もそうだけど、何よりも田中理恵さんの声がいいなあと思った( ´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ キミキス pure rougeへ
キミキス pure rouge

テーマ:キミキス│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
キミキス | コメント(0) | トラックバック(1)2007/10/16(火)01:24

キミキス pure rouge #01 「meet again」

「ねえ、実験しない?」「実験?」「そう……実験」

キミキス-various heroines 2 (2) (ジェッツコミックス)キミキス-various heroines 2 (2) (ジェッツコミックス)
(2007/09/28)
エンターブレイン

商品詳細を見る

4月。高校2年の始業式の直前、真田光一の家に見知らぬ美少女が訪問してきた。光一が戸惑うのをよそに、彼女は家の中にあがりこんでしまう。実は、彼女は2年ぶりにフランスから帰国した、幼馴染みの摩央姉ちゃんこと水澤摩央であった。


★ゲーム版:未プレイ
★コミック版:未読

ほとんど予備知識がない状態で見たのだが、なんというニヤニヤ動画。
この作品を見ていると恥ずかしさが先に立って、苦笑いと言うか、顔がゆがんでしょうがない。

摩央姉ちゃんで二人でゲームするシーンとかは狙いすぎ。だから逆に先の展開が何となく読めたから何とも思わなかった。だがしかし、二見瑛理子さんはけしからん。実験とはどういうことですか。まともに画面が見れなくなったよ。
こういった盛り上がるシーンで歌が流れるのは、ハチクロ(ハチミツとクローバー)っぽいなぁと思った。監督が同じカサヰケンイチだし。

ハチクロつながりで考えると、光線の使い方も似ているような気がした。ハチクロの演出で、光が入ってくる方向、明るい方がボケるような画面効果がすごい印象的だったのだが、この作品もそういった絵の作り方が目に付いた。

似ていると言えば、主人公・真田光一はスカイガールズにでも出てきそうな顔立ち。キャラクターデザインが同じ人(岩倉和憲)らしい。

登場人物が5人以上いると、自分の脳みそのメモリ量が少ないので誰が誰だか処理できなくなるのだが、とりあえず摩央姉ちゃんと二見さんじゅうななさい(?)はインパクトが強かったので、名前は覚えたよ。

アニメはゲームと違ってエンディングが一つしか作れないと思うが、どうやってお話を進めていくのだろう。ニヤニヤしながら継続視聴予定。

テーマ:キミキス│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
キミキス | コメント(0) | トラックバック(1)2007/10/09(火)00:14

«  | HOME |  »


Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。