スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

げんしけん2 第12話(完) 「その先にあるもの…」

「どうしたの? 不良? 不良なの、笹原君?」

無精ヒゲを生やした笹原を見た斑目の言葉。

げんしけん2 第2巻げんしけん2 第2巻
(2008/01/25)
大山鎬則

商品詳細を見る

漫画の編集者になるために就職活動をしていた笹原だが、不採用続きで落ち込んでいた。そして自らがなぜ漫画の編集者を目指していたのかもわからなくなっていた。


笹原、ダメ人間になる。
何をやっても笹原がひどい。
げんしけんに入らなかった場合を仮定した笹原の妄想がひどい。自分でも否定してたけど、そんなさわやかな笹原はねえよ(つД`)
ひげを生やしてイメチェンもねえよ(つД`)
そして挙句の果てに開き直った自虐もひどい(つД`)

よくないことが続くと、落ちるところまで落ちると言う話なのかな。

そんな笹原にやる気を出させたのは、咲と荻上だったが、決め手になったのは意外にも久我山だった。
げんしけんの同人誌「いろはごっこ」を出すために、反発したりもした久我山の言葉だからこそ重みがある。

そして、出版以外の就職先も考えていた笹原は、初心に帰って編集者を目指す。

最終的に希望の編集という就職が決まるわけだが、笹原はその喜びを一番最初に伝えたのは荻上だった。このあたりの展開は笹原×荻上のフォローなのだと思うが、シャワーを途中で切り上げて裸で電話を受ける荻上のシーンは狙いすぎかも。


シリーズを通しての話。
前回懸念したように、やはり笹原の就職話がメインになったため、荻上のトラウマについては触れられず、二人の関係はそのままだった。電話のシーンで良い感じになったのは、それを意識したものなのだろうけど、荻上がオタクを嫌う理由が明らかにならないかぎり中途半端のような気がする。

ただ、今回のシリーズは、げんしけんの同人誌作成という主題が明確だった。だからこそ、最初と最後に笹原、荻上、久我山が中心に話が展開されたのだろう。そういった意味ではきちんと話がまとまっていて印象は良かった。

これまでの流れを考えると、続きはOVAで、とか言う展開ですかね?

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2


スポンサーサイト

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/28(金)23:43

逆境無頼カイジ 第13話 「怪物」

「世間はお前らの母親ではない。グズの決心をいつまでも待ったりはせん…」

利根川先生のお言葉。
ある意味真実だから困る。

逆境無頼カイジ 1逆境無頼カイジ 1
(2008/01/23)
萩原聖人、白竜 他

商品詳細を見る

賞金の受け取るため、カイジたちは地上74メートルに掛けられた鉄骨を渡らなくてはならなかった。落ちたら即死の状況にも関わらず、カイジたち10名は決意し、鉄骨を渡り始める。


恐怖の鉄骨橋渡り、本編。
落ちれば確実な死。それでもカイジたちは借金返済のために前に進むことを決意する。
おまじないに近い理。必ず渡りきると言う決起。
しかし、実際、鉄骨の上を歩き始めたら、そんなものは全て吹き飛んでしまう。

高所を歩む恐怖感がうまく描かれていた。
限定ジャンケンではアニメのうまみと言うのはそれほど感じなかったが、動きのある鉄骨渡りの方がアニメ化されたメリットと言うのが十分に生かされていると思う。
電流ビリビリのあたりとかはちょっと過剰気味かもしれないけど、それでも迫力があっていいなあ。やっていることは鬼畜なゲームだけど(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

アカギの時はあんまりセリフが多くなかったが、カイジはセリフが多いので役者の力量が試されるような気がする。そんな中で萩原聖人は、たびたび書いているけどヘタレな演技が生々しくて、いい感じ。

この作品は話が面白いから、たとえ萌えとは正反対にあっても、なんだかんだで次回が気になるよ(´∀`)

残り8名。

にほんブログ村 トラコミュ 逆境無頼カイジへ
逆境無頼カイジ

テーマ:逆境無頼カイジ│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
逆境無頼カイジ | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/27(木)00:17

スケッチブック ?full color's? 第13話(完) 「ひとりぼっちの美術部」

栗原先輩とピザ。

きちんと分けようと葛藤する様子を見ていて、絶望先生の千里が頭に浮かんだよ。

スケッチブック~full color's~ 第1巻スケッチブック~full color's~ 第1巻
(2008/01/25)
花澤香菜

商品詳細を見る

春。春日野先生の強い希望で、美術部員は学校でお花見を行う。だが、桜はまだ七分咲きだった。それらの桜が満開になった頃、珍しく部員がやってこない部室で、空は一人でスケッチをはじめた。


アバンタイトルで出てきた2年生の大庭月夜。幽霊部員ですか?
新キャラと思いきや、ウォーリーを探せ!のごとく、これまでの話でもちらっと出ていたみたい。原作知らないとわからないよ、さすがに。
大庭先輩の中の人は犬男の中の人、能登麻美子だとすぐわかった。

部室で一人(とちょこっと空閑先輩)でスケッチをしている空。
そこに入れ替わりやってくる部員たち。こうやってあらためて見ると、みんな個性があって、キャラクタが立っていることに気がつく。そういえば、空は根岸が苦手だったんだよな。

帰り道。空は夏海と葉月を見かける。だけど、二人は空のことに気がついていない。
そんな時、空は大きな声で二人を呼び止めた。
夏海も葉月も気がつかなかったけど、たぶん今までこういうことはなかったはず。
そして、最後のシーン。
このあたりの演出は、作品中で1年経って、空が少しだけ成長したことを見せたかったのだろう。そして、その成長のきっかけを作ったのは、間違いなく一緒にいた二人であり、美術部員たちとの付き合いだったんだろうね。

いい感じの最終話でした。

ただ、弥生ゆうこって誰(´∀`)?
ちなみに中の人は梶原青役の大原さやかでしたよ。


作品を通しての感想。
とにかく優しさを感じる作品。

端正な人物描写、丁寧な背景描写、心地よい音楽、そういったものがこの作品の優しくて温かみのある世界を作っているのだろう。ちょっと地味なところは否めないが、それでもこの世界観は嫌いではない。
日常というものを非常に大事にしていて、そこから決してはみ出すことはないのだが、視点を変えることで日常の中に潜む宝石みたいなものを掘り出そうとしている作品なのかなと勝手に思った。

たぶん、森薫の「シャーリー」とか「エマ」の1巻あたりの話とか、それが好きな人ならこの作品も受け入れやすいのではないかな、というのが個人的な感想。

にほんブログ村 トラコミュ スケッチブック ?full color's?へ
スケッチブック ?full color's?

テーマ:スケッチブック ?full color's?│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
スケッチブック | コメント(2) | トラックバック(0)2007/12/26(水)00:25

バンブーブレード 第13話 「先生たちと生徒たち」

「タマカッコいい」
「タマきもちいい」


この辺の言語感覚は異常(´∀`)

バンブーブレードDVD 一本目バンブーブレードDVD 一本目
(2008/01/23)
豊口めぐみ、広橋涼 他

商品詳細を見る

成明高の剣道部に最後に残った1年生、小川芽衣は室江高との練習試合が終わったら部を辞めるつもりでいた。だが、室江高の一年生、川添珠姫と練習するうちに、彼女の実力に魅せられていく。


今回目立ったのは4人かな?

1人目は成明高の小川芽衣(声:名塚佳織)。
珠姫にダメージを与える小手が見事。って、それ無効ですから。
珠姫の実力にあこがれるメイがかわいい。メイ一人だったらいいのだが、成明高の部員が揃いも揃ってタマちゃんの打ち込みがあまりに見事なのに感動してテンションがおかしくなっていく。そりゃタマちゃんも「なんだろう。このノリ。」とツッコミたくなるよ。

2人目は小田島礼美(声:中原麻衣)。
ミヤミヤと因縁があるのかと思ったら、本当に単なる?ストーカーだったのね。好きだからこそ意地悪するタイプなのか。

3人目は東聡莉(声:佐藤利奈)
珠姫相手にここまで粘った女子はさとりんが初めてじゃ?
この二人の対決はスピード感があって良かったな。剣道はやったこと無いけど、対戦の緊張感が伝わってきた。
それにしても眼鏡はダテだったのか。眼鏡をかけると頭良くなるかなと思ってという思想は、どこのぱにぽにの一条さん理論だろうか( ´∀`)

4人目は林先生(声:小川真司)。
自身の剣道とのかかわりと、教え子たちへの指導法について、本当に真面目に語られていた。あれー、何この展開?と思っていたら、コジローが「林、かっこいー」とモノローグをつけて全部台無しにするのは、この作品らしさかな。

今回はこんな感じで主役以外の人たちにスポットが当たっていた印象で、ある意味変化球なのかもしれないな。まあ、さとりんは今後メインに加わってくるのだろうが、性格が見えてきたね。

にほんブログ村 トラコミュ バンブーブレードへ
バンブーブレード

テーマ:バンブーブレード│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
バンブーブレード | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/25(火)23:29

しおんの王 第11話 「疑惑」

「いいにおいがします」

紫音は香りフェチですか(´∀`)

(仮)しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、松本保典 他

商品詳細を見る

紫音にかかってきた電話。それは8年前、紫音の両親を殺した犯人からのものであった。
一方、久谷が帰宅途中に悟と幸子が一緒にいるところを見かけてしまう。


久谷のターン。
それにしても久谷はまだプロじゃなかったのか。基本的なところに気付いてなかった(´Д`)
師匠の奥さんと悟が密会しているところを見つけてしまう久谷。なんて間の悪い奴。
しかし、一方で沙織さんとのフラグが立った予感(´∀`)

そんな久谷はプロにあっさり勝っちゃうし。
プロの威厳があんまり無いところが、この作品で気になってしまうところだな。

悟の行動がますます怪しい。
幸子との密会。個人的に紫音の事件を調べるのもおかしいと思うが、それ以上に幸子さんに教える必要があるのかな。そこがわからない。
紫音の母親の日記にあった「一美」という名前。それが幸子の弟の「かずよし」のことじゃないか、ということで連絡を取ったらしいが。動機としては弱いような。
しかも、犯人が紫音にかけてきた電話。それは、久谷が無くした携帯電話からかけてきたもので、しかも翌日に悟が拾ったと言う。
刑事が久谷の携帯に久谷以外の指紋が無かったって言ってたけど、悟が携帯が落ちているのを発見したのだったら悟の指紋があってしかるべきじゃないのかな? この辺は刑事さんが言わなかっただけと考えるべきなの? それとも脚本のミス? そうじゃなかったら、悟が犯人ですと断定しているようなもんだけど、こんな些細な事で犯人と明かすわけ無いよなぁ。

ちょっと悟がどんどん真っ黒になっていくにつれ、逆にミスディレクションじゃないのかと言う嫌疑が強くなっていくような気もする。とりあえず、今ある情報だけじゃまだよくわからん。

そういえば最後のカットの悟が怖すぎ。
なんか精神崩壊しているような感じだった(つД`)

どうでもいいところに気になったので書いておく。
久谷が携帯なくしたことに気がついたカットの背景のポスターがおかしすぎ。デジカメの広告だと思うが「脅威の2.07ギガピクセル」って。1000万画素でも10メガピクセルですから。どんだけ未来だよ(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/25(火)22:47

みなみけ 第12話 「クリスマスとかイブとか」

「ニュースです。毎年恒例のふんどしサンタフェスタが開催されています。」

ふんどしキタ━━(゚∀゚)━━!!
第2話以来?

みなみけ 1 (期間限定版)みなみけ 1 (期間限定版)
(2008/01/09)
佐藤利奈、井上麻里奈 他

商品詳細を見る

クリスマスイブ。二つの南家は末の妹とサンタについての会話が進んでいた。


タケルおじさんが不憫だ(つД`)
千秋がサンタクロースに着替えているタケルを見たのがサンタの正体を知ったきっかけだったとはいえ、トラウマ呼ばわりされるし、次の日に来てと追い返されるし、次の日に来たら忘れられるし。

もう一つの南家。
冬馬のプレゼントのことで1週間も兄弟会議を続けていた3兄弟。一週間ってアホ過ぎる。
この三人の会話劇が絶妙だった。長男(名前は何なんだ?)はボケもツッコミも両面で大活躍。見事にコントになっていた。
まず、冬馬が目の前にいるのに冬馬のプレゼントの話をしているという、場面設定からして間違っているところが面白い。

今回、藤岡が意外と活躍。
それでも彼も報われない男だ。いくら夏奈だからといって、プレゼントにハムは無いよなぁ。結局、クリスマスからだいぶ過ぎてしまったからお歳暮と思われる始末。
まあ、藤岡自身が幸せそうだからいいのか(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ みなみけへ
みなみけ


テーマ:みなみけ│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
みなみけ | コメント(0) | トラックバック(1)2007/12/24(月)23:08

もやしもん 第11話(完) 「輝く菌未来」

「かもすぞー」

菌に始まり、菌に終わったこの作品。
独創的で面白かったけど、、やっぱり全11話は短いな。

もやしもん VOL.1 (初回限定生産版“しゃべる「かもすぞ オリゼー」マスコット付”)もやしもん VOL.1 (初回限定生産版“しゃべる「かもすぞ オリゼー」マスコット付”)
(2007/12/21)
阪口大助.斎賀みつき.大原さやか.神田朱未.小西克幸.杉山紀彰.西村知道.冬間由美

商品詳細を見る

菌が見えなくなってしまった沢木。それを厳しく追及する長谷川の言葉に沢木は動揺する。


サブタイトルは近未来と菌未来をかけているのかな?

潔癖症の及川らしく、男同士でキスしたことに過剰に反応する。
それがうっとうしいと感じた長谷川は、いきなり及川の唇を奪う。
何ですか、この百合展開。でも、長谷川さんは男らしいな。絶対舌入ってるよね、これ。

菌が見えなくなったことを厳しく追及する長谷川から、沢木のことを守ろうとする笑い飯美里と川浜。
前回も書いたんだけど、この二人はいい奴だよな。ダメな奴らだけど、こういうところがあるから沢木も二人と一緒にいるのかもしれない。

他人との付き合いに不器用な沢木に起こったトラブルを、同じように他人との付き合いに不器用な長谷川の気持ちが解決した。彼女らしく不器用だけどストレートな方法で。
このあたりの展開が王道と言えば王道だけど、それだけに見ていて安心できる展開だった。
ちょっと違うのは、沢木にとっては前にもあったようなトラブルだから深刻に思っていなかったところ。このあたりの沢木と長谷川の温度差が、ちょっとは他の似たような話との違うところかな。

発酵蔵が完成したところで、この話はひとまずのおしまい。
区切りとしてはいい感じだけど、いろいろと謎が残ったままで終わってしまうのはもったいない。夜の日吉酒場とか、結局なんだったんだろう。

全11話といういうことで、話的にも贅肉を削りまくっていたんだろうなと言う想像が容易に出来る。原作ではもっと菌の薀蓄みたいな話があるのだろうけど、そういうところが無くなっているのではないか。そして、この作品、薀蓄みたいなところにも魅力があるから、作品として少しばかり損をしてしまったのではなかろうか。
ただ、視聴を継続し続けるだけの最低限の何かは残っていたから、ここまで見てこれたのだと思う。そういった意味では、良い作品だったと思うぞ。

視聴率も良かったようだし、第2期に期待かな?

にほんブログ村 トラコミュ もやしもんへ
もやしもん

テーマ:もやしもん│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
もやしもん | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/24(月)22:39

ハヤテのごとく! 第39話 「よいこの友達 借金執事万才!」

先行最終回後編。

なんと言うか、ストーリーの重要性は2割くらいで、とにかく作画がすごかった。
デフォルメされたアニメらしい描写、印象的なパースの取り方、そして木目細かい絵の動き。

Don't Think. Feel ! (考えるな、感じろ!)

と、叫びたくなるくらいはっちゃけてた回だったと思う。
やり過ぎとも言える、パロディの突き抜け具合は本当に凄い。一生懸命バカやってるなあと思った。本当に楽しかったよ(´∀`)

ハヤテのごとく! 06ハヤテのごとく! 06
(2007/12/21)
川口敬一郎

商品詳細を見る

ナギと三千院家の遺産が狙われていることを案じ、ハヤテは三千院家を去った。理事長はハヤテが自らの執事になれば、三千院家の遺産からは手を引くと言う。そして、ハヤテは理事長のところ向かった。


正直言ってストーリー的にはどうでも良かった。
黒幕がヘビだったというのは、ちょっとヒネリが効いているかもしれないが、そんなことはどうでもいいや。ただ、一番最後のシーン、ナギとハヤテが思い出の自販機の前であたたか?い話をするあたりは、ちょっといい話だったと思う。

最初にも書いたけど、今回は作画に重きを置いていたと思う。

初めの方に出てきた、酔っ払ってぐでんぐでんの雪路の動き。
このあたりから普段とは違っていて、動きをデフォルメすることで泥酔具合を強調する明確な意図を感じた。アニメ的なおもしろい演出だと思う。こういったところからこだわっていて、今回はただの話じゃないなということを感じさせた。

エヴァの射出口からグレンラガンが出てきた。
直後のアイキャッチはまんまグレンラガンで、ハヤテやナギやヒナギクが、シモンやニアやコスプレまでしてるし。なんじゃこりゃ(´∀`)

グレンラガンはここだけに留まらず、紫音が鼻息を荒くするシーンとか、ナギを守ろうとするSP軍団のシーンとか、ヒナギクのアクションシーンとかもそれっぽい描写だった。太い線の作画とか、目で追いきれないほどのスピード感とか、そういったところが。

ここまでやって怒られないのかなと思ったら、原画にグレンラガンの監督(今石洋之)がいたよ。動画はGAINAX入っているし。セルフパロディかよ(´゚ω゚):;*.':;ブッ

パロディ以外のところで気になったのは、今回は特にナギがかわいく感じられたところ。
ハヤテの服を脱がせる前にちょっとためらってプルプル震えるカットとか、何回か出てきた涙がこぼれかけそうになるシーンとか、前述したあたたか?い話とか。ナイスツンデレだったな(*´Д`)

なんだかんだで最後にきちっと話を締めたからいい最終回だったよ。
って、やっぱり最終回じゃないじゃんΣ(゚Д゚;)!?

にほんブログ村 トラコミュ ハヤテのごとく!(アニメ)へ
ハヤテのごとく!(アニメ)


あ、ちなみに今回の作画監督:山口智も、グレンラガンで原画をやった人らしいよ。
↓第20話、第25話アイキャッチ
http://aniz.hp.infoseek.co.jp/gurren-lagann/

テーマ:ハヤテのごとく!│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
ハヤテのごとく! | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/23(日)11:36

機動戦士ガンダム00 #12 教義の果てに

今回、セリフがぶっ飛んでたな。特に2人のセリフが。
1人目はグラハム・エーカー。前回、「モビルスーツの性能差が勝敗を分かつ絶対条件ではないさ」みたいなことを言っていて、シャアかよ、とツッコミを入れたくなったのだが、今回もかましてくれました。

「人呼んで、グラハムスペシャル!」

「あえて言わせてもらおう、グラハム・エーカーであると!」


バカだろ、こいつ(´∀`)
今まで気がつかなかったけど、変な奴だな。もっとやれ。
ただ、グラハムスペシャルは、飛行形態のモビルスーツを人型に変形させて空気抵抗を大きくすることで、空中で無理やり急ブレーキをかける凄い技。何が凄いかというと、ブレーキをかけることで後方へのとんでもないGがかかるから、身体への負担も大きい。そういったことをやってのけるということは、ただのバカじゃないんだろうね。

そして2人目については後述。

機動戦士ガンダム00 (1)機動戦士ガンダム00 (1)
(2008/01/25)
宮野真守.三木眞一郎.吉野裕行.神谷浩史.本名陽子.真堂圭.中村悠一.うえだゆうじ.浜田賢二.恒松あゆみ

商品詳細を見る

アザディスタンで起こった保守派の指導者であるブラザーを拉致する事件が起こった。この事件をきっかけに、アザディスタンではクーデターが発生する。そして戦いに、王国側を援護するユニオン軍、そしてソレスタルビーイングが介入してくる。


クーデターを起こした保守派側に協力していたアリー・アル・サーシェス。

「ところがぎっちょん」

って。どいつもこいつもセリフを面白くしようとするかな(´∀`)
でも、このセリフもまだ余興に過ぎなかった。

それはともかくとして、クーデターにより、保守派のモビルスーツが市街へと進攻していく。
街は荒れ果て、人が多く死んだ。その光景を見た刹那は、クルジスで起きた過去の戦争の光景を思い出す。クーデター部隊のモビルスーツを殲滅した刹那だったが、空しさからか、ある言葉を発する――

「俺はガンダムになれない」

(´゚ω゚):;*.':;ブッ
そりゃ、無理だ。今回の面白ゼリフ・ナンバー1だったよ。
そしたら、次回予告で「刹那、ガンダムとなる」とか言ってるし。
どこまで笑わせる気なんだ、この話(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)へ
機動戦士ガンダム00(ダブルオー)



>>続きを読む

テーマ:機動戦士ガンダムOO│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
機動戦士ガンダム00 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/22(土)19:01

げんしけん2 第11話 「リアル・ハードコア」

スーの発するセリフがアニメのパロディで、天空の城ラピュタとか、うる星やつらとかはわかるんだが、「貧乳はステータスだ!」はらきすたってわけではないんだよね? らきすたもパロディだから。深いな。

げんしけん2 第1巻げんしけん2 第1巻
(2007/12/21)
大山鎬則

商品詳細を見る

荻上、コミフェスサークル参加の日。約束どおり笹原が売り子を手伝うが、二人の関係はどこかぎこちない。そんなとき、荻上の中学の同級生が現れた。


荻上がどうしてオタク嫌いを公言するようになったのか。
その一端と考えられる、中学時代の友達との再会。だけど、オタク嫌いの原因は深く掘り下げられなかった。
今回の話で荻上の笹原に対する気持ちはまんざらでも無いことはわかったのだが、自分の中でしがらみとなっているトラウマが残っているから、まだ二人は近づけない。
次で最終話だと思うのだが、あと1回で決着つくのかな。いや、つけなきゃまずいよな。
でも次回予告を見ると笹原の就職話がメインになってそうだし。どうするんだろう。
え、予告で言っているように未完で終わらせるって事?

あと1回ということで、原作にあった軽井沢の話が無くなった。だからこそここで、無理やり温泉ですよ。斑目が自嘲していたけど、超展開だ(´∀`)

大野さんとアンジェラのコスプレ。
グレンラガンのヨーコと、ケロロ軍曹のアンゴル・モア(第二審判儀式装)の組み合わせってどうよ。特に前者は昨今の流行に乗った感じ?
ちなみに原作で二人がコスプレしたのは、FF7のティファとユフィでしたよ。

にほんブログ村 トラコミュ げんしけん2へ
げんしけん2

テーマ:げんしけん2│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
げんしけん2 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/22(土)17:29

«  | HOME |  »


Calender

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。