スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

しおんの王 第04話 「鬼手」

驚いたなぁ。あのお嬢ちゃん。相手の王を殺そうとしている。対局中に化けやがった。

しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、朴ロ美 他

商品詳細を見る

女流新旧王冠戦準決勝は、安岡紫音にとって斉藤歩との再戦となった。先手の歩が選択したのは中飛車。それに対し、紫音は同じように中飛車で迎え撃つのであった。


今回は将棋がメインのお話。映像的には局面をあまり見せないでほとんど台詞で進行するものの、対局の緊張感は伝わってきた。ただ、前にも書いたが、将棋の知識が多少なりとも無いと面白さ半減だろう。
もうちょっと映像を使った解説を入れてもいいと思うんだけど、やはりそこまでこだわる余裕はないのかな。

歩の正体に気がついた紫音。その割に冷静だよな。ある程度予感があったからだろうか。
しかし、わざわざ「歩さん」から「歩君」に言い直す必要は無いと思うのだけど。紫音はやさしいと言うか、どこかずれているような気もする。そこもかわいいんだけど(*´Д`)

紫音の体調の悪さに気づく羽仁名人。その割に、兄弟子の久谷は反応が薄いな。
その前に普段の紫音の戦術じゃないことから、何か事情があるということを感づいていた予兆があったからかな。その時点では久谷は羽仁の洞察力を指摘していたし。

歩の才能をほめる羽仁名人に、沙織は少しばかりの嫉妬心を感じたのか?
次回はこの二人の対局なので、そのあたりの内面も見どころか。でも、歩君は男だよね。

将棋だけに絞ってみても、話としては十分面白いと思う。場面の変化が少ないから地味になるおそれはあるけど。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

スポンサーサイト

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/04(日)22:24

«  | HOME |  »


Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。