スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

しおんの王 第05話 「勇気の一手」

羽仁名人も幼い頃に父親を失っていたのね。そして、それが少なからず将棋の道へ進むきっかけとなった。紫音と重なるところがあるな。
それにしても、名人は斉藤歩の正体に気付いているのかな? いろんなところで洞察力の鋭さを発揮しているな。

しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、朴ロ美 他

商品詳細を見る

女流新旧王冠戦の決勝は二階堂沙織と斉藤歩の対戦になった。優勝賞金を獲得するために負けられない歩、羽仁名人に褒められた歩に嫉妬する沙織。それぞれの思いの中、対局が始まる。


今回も将棋メインの回。いや、それよりもむしろ萌え強化週間か?
ほとんど出番のなかった紫音だが、メロンパンとブロッコリーで目立っていた。栄養つけようとしてメロンパンに結びつける発想がかわいいなー( ´∀`)
沙織。自分と羽仁兄のゴシップ記事に熱くなったり、赤くなったり。ナイスツンデレ。

将棋の方は、前回の話と関連して、今度は沙織が先手で中飛車。
ここから心理戦が始まる。居飛車派の沙織が、歩が得意とする振り飛車できたから、歩は苛立つ。この後も、将棋の棋譜以上に、精神戦を中心に話を描いているのだ。
こういったところは、将棋を知らない人でも見れるような配慮だと思う。

ただ、やはり将棋を知らないと、勇気の一手に対する受け止め方は違うだろうな。
重要な駒である飛車を犠牲にすることは明らかに不利だから、歩は沙織がそれをしてこないだろうと高を括っていた。おそらく、それはそれまでの沙織の棋風を知っていたからだろう。だけど、この戦いで沙織は肉を切らせて骨を断つような一手を指してきた。だからこそ、勇気なのだろう。

すっかり殺人事件が影を潜めたけど、純粋に将棋だけでも面白い作品だと思うよ。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

スポンサーサイト

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/11(日)13:27

«  | HOME |  »


Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。