スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

さよなら絶望先生 第12話(完) 「なんたる迷惑である事か!」

さよなら絶望先生 特装版1さよなら絶望先生 特装版1
(2007/09/26)
新房昭之

商品詳細を見る

加害妄想が激しい加賀愛、証拠過多で加害者扱いされない三珠真夜のお話。

最終回だからと言うようなところはあんまりなくて(ルパンのパロディが入ったくらい)、割と普通に終わった。むしろ、前回のほうが最終回っぽかった。気になったのでWikipediaを見たら、11話と12話が入れ替わっているとの記述が。実際、前回の話はまるっきりなかったことになっていて普通に話が始まっているし、11話では三珠真夜が何の説明もなく登場していたし、何らかの理由で入れ替わったのは確かであるように思える。今回は危ないネタが多かったので、その辺が理由かな。なんとか還元水→自殺をにおわせるのコンボはかなり危ないと思っていたが、「やたら被害者ぶる国」発言が一番アウトじゃないかな。勇気は認める。

そういえば、オープニングが第01?03話のアニメーションになっていた。まあ、今回のアバンタイトルを考えると、たしかにこれが一番妥当なOPかも。

オッパッピー自重。さすが流行り物のパロディが多いので、出るんじゃないかと思っていた。

他にパロディで目に付いたところは、ピンポンダッシュされたおっさんが糸色望を殴るシーンか。あれは完全に絵柄がグレンラガンのパロディ。特に吹っ飛び方に特徴が。

三珠真夜の話って、すごいアイロニーだと思った。この話って裏返せば、普段は悪くない人が犯罪でも犯すととても非難されるが、最初から悪く見える人が何をやってももはや悪く見えない、みたいな意味合いが込められているように感じた。そんな世界に絶望した。
スポンサーサイト

テーマ:さよなら絶望先生│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/09/23(日)01:18

«  | HOME |  »


Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。