スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

電脳コイルの今後の展開を予想してみた

本気でこの作品にはまっている。
最終回に向けてあれこれと想像を巡らせるのが楽しい作品は、最近では記憶にないくらい久しぶりだ。

そこで今後の展開を考えてみた。
割とベタな予想で、ネタバレというわけじゃないけど、先の話を知りたくないという人もいるだろうから、いったんここで話を切るよ。

電脳コイル 第3巻 通常版電脳コイル 第3巻 通常版
(2007/11/23)
折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴路美.小島幸子

商品詳細を見る


今ある情報からハッピーエンドを迎える方法を考えると、以下のような展開が考えられる。

イサコもデンスケもあっちの世界に行ってしまった。
実体のあるイサコは意識のない状態で眠り続け、デンスケのデータは完全に消えてしまった。
二人を連れ戻すには「通路」を開く必要がある。だが、もうキラバグは残されていない。
そんなとき、オバちゃんは何らかの形で「通路」が開くという噂のある「はざま交差点」の事を知るのであった。その話を聞いたヤサコとフミエは、メガばあの力を借りて、イサコとデンスケを取り戻すため「はざま交差点」のある金沢に向かうのであった。


イサコがあっちの世界に行ったのは間違いない。
デンスケについてもフォーマットされてしまったというのは、(こういう考え方は邪道かもしれないが)話の展開上、あまりに別れがあっけなさ過ぎるので考えにくい。そうなると、デンスケもイサコとともに通路をくぐってあっちの世界に引き込まれたのだと思う。

はざま交差点がキーになっているのは、明らかになっているサブタイトルから間違いがなく、ここに向かう理由として一番妥当なのは、やはりイサコの救出だろう。

こんな感じで考えると、はざま交差点からあっちの世界に行って、その後でみんなが帰ってきてハッピーエンドなんだろうけど。
ここでフミエと一緒なのは、最後くらいはフミエちゃんにも活躍してもらいたいという願望。あきらかにフェードアウトしつつある現状からは、考えにくい展開だけど。

この予想で問題になるのは、猫目がどう絡んでくるのか? 4423がどう絡んでくるのか?
そのあたりが簡単には思いつかない。そういった意味で、この予想は足りてない部分が多いんだよな。

こうやって、妄想を巡らすのが楽しく、次が気になるというのは本当に貴重な作品だと思う。

いずれにしろ、あと3回。非常に楽しみだ(´∀`)

にほんブログ村 トラコミュ 電脳コイルへ
電脳コイル

スポンサーサイト

テーマ:電脳コイル│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)2007/11/14(水)23:46

コメント

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

2007/11/15(木)05:28| URL | みんな の プロフィール #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。