スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

電脳コイル 第26話(完) 「ヤサコとイサコ」

キスで子どもが生まれました(´∀`)
その名はミチコ。

電脳コイル 第4巻 通常版電脳コイル 第4巻 通常版
(2007/12/21)
折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴ろ美.小島幸子.斉藤梨絵.鈴木れい子.野田順子.小林由美子.梅田貴公美

商品詳細を見る

実体と電脳体のリンクが切れたヤサコ。電脳体のヤサコはあっちの世界で起こった過去の出来事をたどっていた。4423の謎。ミチコの謎。今、全てが明らかになる。


あっちの世界と、おじじがイサコに行った治療の謎、そのあたりの正体はこれまでの話を総合すると、今回の話にきちんとつながっていたと思う。
ミチコがイサコの一部であることは、ミチコが手にしていた人形からも明確だったし、何よりもイサコがキラバグを集めて自分の身体に取り込むという行動自体が、イサコが自分を取り戻すという暗喩だったのだと思う。
そういう風に突き詰めて考えていくと、イサコの行動が気になってきて、あーもう、1話から見直したくて仕方がない(・`ω´・)ノ

「わしはこないだ死んだんじゃー、はっはっは」

おじじ、明るすぎ(ノ∀`)アチャー
結局、4423を探していたイリーガルはヤサコのおじじだった。ヌルキャリアのヘルプに年齢制限が書いてあったのは、おじじの事故へのフラグだったわけね。
それにしてもおじじの明るさのおかげで深刻なシーンにならなくて、逆に良かったかも。それはその後のシーンとのギャップを考えた上で。

電脳空間でのデンスケとの再会。
実体とのリンクが切れたヤサコの電脳体を導くため、デンスケはイリーガルの姿になりながらも彼女の前に現れた。それはかつて、ヤサコのおじじにボディガードになるように言われた、その教えを守っての行動なのだろう。こういうことを考えたら胸が熱くなった(´;ω;`)ブワッ

正直、こういった形でデンスケが出てきて、ヤサコにお別れをするのは予想していたとおりだった。
その伏線と言えることがいくつかあった。クロエがイリーガルの形でハラケンの前に現れたことや、デンスケはペットマトンを偽装したコイルスノードなのでただの電脳ペットではないこと、そして京子が電脳体になったときにデンスケに触ったという台詞。
だから再会することはわかっていたんだけど、それでも涙が。・゚・(ノД`)・゚・。

ヤサコはデンスケのおかげで再び電脳体を取り戻したが、イサコはあっちに取り込まれたまま。彼女を救おうとするヤサコたちの前に現れた切り札。それはヤサパパ。
ここでお父さんを出すのはずるい。お父さんは格好いいよ。自分の技術でメタタグを作るなんて、これが大人だからできること。お父さんがお父さんらしい威厳のある行動を見せて、ちょっと感動しかけたところで、明かされた秘密。それは会員番号一番のバッジ。
オチがついてるし。
小説版ではヤサコのママとメガばあが親子関係だったけど、アニメではヤサパパとメガばあが親子関係なわけで、それはこの会員番号が一番の理由なのかな。

そしてもう一人明かされたコイル電脳探偵局会員。会員番号三番、猫目。
ここまで引っ張っておいて、猫目弱いよ。タケル強いよ。
猫目はここでドロップアウト。やっぱりこのあたりは展開が早いかな。
エピローグで、タケルのメールから失踪したらしいことがわかるが、どうなっちまったんだろう。

ヤサコは意識を失っているイサコに呼びかける。
そしてヤサコの電脳体がリンクしたのは自分の内側。イサコとつながっている暗号炉。
ヤサコは自らの思いを伝え、イサコを縛る過去から解放しようとする。

このあたりは、感想を語るのも蛇足のような気がしてきた。
とにかく、この作品はこの二人のための作品だということがはっきり分かった。

「おかえりイサコ」
「ただいまヤサコ」

ここまでの流れは、息を呑んで見てしまった。
百合って言うの禁止(・`ω´・)ノ

結局、ヤサコとイサコは友達になれたのか。
それは、言うまでもない結論だよね。


それにしても今回は最終話だけあって原画が無茶苦茶豪華ですよ。
ざっと目に付いただけでも、久保田誓、石浜真史、吉田健一、平松禎史、江口寿志、田中比呂人、青山浩行、井上俊之、磯光雄。この中に「時をかける少女」の作画監督が3人とも入っているし。
そして、すしおが第2原画ってどういうことですか。ぶっちゃけありえない。

本当に面白い作品だった。
半年間見てきて、実に楽しい時間を過ごせた。
シリーズ後半はたしかに駆け足な印象があったけど、それでもきちんとまとめたいところを絞って、まとめていたとは思う。そういった意味できちんと完結した作品だった。

今年No.1の作品に認定(`・ω・´)シャキーン

にほんブログ村 トラコミュ 電脳コイルへ
電脳コイル

スポンサーサイト

テーマ:電脳コイル│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
電脳コイル | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/01(土)20:16

«  | HOME |  »


Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。