スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

しおんの王 第10話 「おまじない」

クッキーを持って、にへらと笑っている紫音がかわいいよ(´∀`)
対局料を前借りできなくておかんむりな歩にはスルーされたけど。

(仮)しおんの王 一しおんの王 一
(2008/01/25)
川澄綾子、松本保典 他

商品詳細を見る

トーナメント予選二回戦。紫音の対戦相手はアマチュアの小学五年生、本間素生であった。対局中、劣勢になった素生は、紫音に対して勝つためのおまじないをしてみせた。それは、紫音の両親を殺した犯人しか知りえない行為だった。


前の対局でプロ九段に勝利した本間素生。
実際に人と指すのは2度目だという。彼の場合、将棋といえばネットで対局するものなのだ。
だから、駒を並べるときの扱いも雑だし、駒の持ち方も紫音とは全く違って見えるのが面白い。

そして、紫音は彼との戦いで、透明な何かと戦っているような感じを受ける。
今年話題になった将棋漫画「ハチワンダイバー」(by.柴田ヨクサル)とは全く逆の展開なのが気になった。
ハチワンダイバーはネットを介して、相手の気迫を感じ取った。そしてしおんの王では実際の対局の場なのに、相手の気配は感じられない。
同じ将棋を扱った漫画なのに、捉え方が違うのは興味深いな。

劣勢を感じた素生が見せたおまじない。
紫音はいくら両親の死の状況を思い出したからと言って動揺しすぎでは。まあ、たしかに何でこんな小学生が知っているのかと思ったら、動揺もするかもしれないが。

素生がネット将棋で戦った相手は間違いなく紫音の両親を殺した犯人で、しかもそいつは、久谷の携帯を盗んで紫音の携帯の番号を手に入れ直接電話してきた。あきらかに将棋協会の建物の中にいたわけだから、羽仁が犯人の疑いが濃くなるわけだ。どんどん真っ黒になっていくなぁ。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

スポンサーサイト

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/17(月)01:03

«  | HOME |  »


Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。