スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

墓場鬼太郎 第01話 「鬼太郎誕生」

水木さんが切符を渡すシーンがあまりに素直すぎて噴いた(´゚ω゚):;*.':;ブッ

墓場鬼太郎 (1)墓場鬼太郎 (1)
(2006/08)
水木 しげる

商品詳細を見る

心臓が止まり脈も体温も無い入院患者。まるで幽霊のようになってしまったこの患者の謎を解くように依頼された水木は、原因となったと思われる人物の居る場所を訪れる。それは、自らの家と同じ住所であった。


★原作は少しだけ既読

これはダークホースだった。
期待以上に面白かった。
何故面白いかと言うと、今風でなく、媚びていないところが逆に新鮮に感じられた。

ストーリーは原作に非常に忠実だと思う。
水木しげるが描く鬼太郎の不条理な感じがそのまま描かれていた。

鬼太郎誕生は、たしか10数年前に読んだことを記憶している。
その頃はまだ子どもだったから、原作の絵が怖くて、まさに怖いもの見たさで読んだことを思い出した。今回のアニメ、絵的にも原作のおどろおどろしさがきちんと描かれていて、非常に好印象だった。

鬼太郎が死んだ母親から生まれたこと。目玉の親父がどうして目玉だけになったのかということ。このあたりがきちんと今回の話で描かれていて、原作を知らなかった人は衝撃を受けたのではなかろうか。
鬼太郎の見えない左目が目玉の親父になったわけではないと言うのが、一番重要なポイントである。
それにしても目玉の親父は目玉になる前の声が郷里大輔なので、ギャップに笑った。

声と言えば、野沢雅子はさすがだ。
赤子の鳴き声といい、成長した鬼太郎のふてぶてしさといい、自然に演じられている。
もうこの声以外に考えられないくらい、鬼太郎がはまり役だ。さすが初代である。

OPも電気グルーヴの「モノノケダンス」と、水木さんの漫画をベースにした映像の親和性が高くて好印象。吸血鬼エリートとか出てくるし。作っている人は、鬼太郎をよく知っていると思った。

このテンションの高さで最後まで作れたら、これは傑作になると思う。
ただし、見る人は選ぶと思うけど。

にほんブログ村 トラコミュ ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)へ
ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)

スポンサーサイト

テーマ:墓場鬼太郎│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
墓場鬼太郎 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/11(金)23:36

«  | HOME |  »


Calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。