スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

しおんの王 第12話 「狐の読み」

今回は将棋のシーンが本当に面白かった。
一手の重さと言うのが十二分に表現されていたと思う。

(仮)しおんの王 一(仮)しおんの王 一
(2008/01/25)
朴ロ美、水野理沙 他

商品詳細を見る

トーナメント予選三回戦。安岡紫音vs羽仁悟、二階堂沙織vs羽仁真名人、斉藤歩vs安岡信次八段の戦いが始まった。


悟のカマトトぶりがいい加減いやらしく感じるようになってきた(´∀`)
本当に嫌な奴だな、こいつは。
紫音はそんな悟を見て、彼が将棋を憎んでいると感じる。普通だったら単に性格悪い人と思いそうなもんだけど、どうしてそこまで感じ取れたんだろうか。まともに対局しないところ、偽りの棋風からかな?

この二人の対局はギスギスしているが、残りの二つの対局はどちらも年長者が真っ向から受け止める展開。

名人はともかく、安岡お父さんも流石にプロだな。
歩をあっさり受け流し、歩自身に経験が不足していることを分からせてしまう。
そして本当にいい人だ。すっかりお父さんの表情だ。

神園先生もすっかりいいおじいちゃんになっちゃったな。弟子を心配する姿が本当に優しそうな表情だった。

羽仁名人と沙織の対局。
一見無駄死に見える9四角。これはたしかに凄い手だな。
私自身は将棋はそんなにできないけど、相手の攻めを遅らせるために大駒を犠牲にする手は、なかなか思いつかないよ。まあ、だから名人なんだろうけど。

冒頭にも書いたけど、将棋の魅力と言うのが表現された回だったように感じた。

にほんブログ村 トラコミュ しおんの王へ
しおんの王

スポンサーサイト

テーマ:しおんの王│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
しおんの王 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/14(月)12:08

«  | HOME |  »


Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。