スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

桜蘭高校ホスト部 第02話 「今日から君はホストだ」

桜蘭高校ホスト部 Vol.1桜蘭高校ホスト部 Vol.1
(2006/07/26)
坂本真綾、宮野真守 他

商品詳細を見る

ホスト部の常連客でありながらお気に入りを頻繁に変える春日崎奏子。彼女には珠洲島亨という許婚がいる。しかし、二人の仲が疎遠になっていた反動で、そのような「さすらいのホストめぐり病」にかかっていたのだ。環は「我が桜蘭ホスト部は女の子の幸せのために存在する」とばかりに、ホスト部のダンスパーティーを利用して、春日崎と珠洲島の仲を取り持つ作戦を実行する。


扉を開けるとそこは南国でした。
今回は南国風コスプレでホスト部の営業。そんな中でもハルヒだけは普通に制服を着ていた。当然、薄着をすれば女の子だとばれてしまうのもあるが、ハルヒのマイペースっぷりを象徴する場面でもあると思う。
後半、ハルヒが珠洲島を諭すようなシーンがあるのだが、そこでもあくまで直球過ぎる言葉を珠洲島に対して投げかける。正しいと思ったことは曲げないというハルヒの性格が現れているのだろうし、やはりマイペースなのだと思う。さらに、それは一番最後の思いがけないファーストキスのシーンでも、割とあっさり流してしまうところからも顕著だと感じた。
そんな感情の起伏の少ないハルヒだけに、ご馳走といわれて「大トロとか…」と心を揺すられる場面が異常に盛り上がる。唇を微妙に尖らせているところが、もの恥ずかしそうなハルヒの心境を表していて、すばらしい表現だと思った。

この作品、さりげない演出がうまいと思う。
春日崎の心境を表現するために、遊園地のコーヒーカップを模したティーカップの一人淋しく乗る彼女の描写を瞬間瞬間に挟み込んでいる。そして最後、彼女の望みが満たされたときに、ティーカップが回り始めて、小粋な演出は完成する。
この最後のシーンの前後の桜の描写も結ばれた二人を鮮やかに祝福している。ピンクのグラデーションを飾る桜の木々、ライスシャワーのように無数に舞い散る花びら。

色と動きの有る演出の仕方が見ていて楽しい作品である。

スポンサーサイト

テーマ:桜蘭高校ホスト部│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
桜蘭高校ホスト部 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/09/29(土)14:47

«  | HOME |  »


Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。