スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ΠΛΑΝΗΤΕΣ プラネテス 第12話 ささやかなる願いを

プラネテス 5プラネテス 5
(2004/08/27)
田中一成、雪野五月 他

商品詳細を見る

宇宙防衛戦線と呼ばれるテロリストが人の少ない喫煙室を狙って連続爆破テロを行っていた。一方、トイボックスの修理のために月に降りていたフィーは、テロの影響で喫煙が出来ずに苛立っていた。フィーのフラストレーションは日に日に募っていく中、宇宙防衛戦線は衛星を宇宙ステーション・セブンにぶつける作戦に出た。狙いはケスラーシンドローム。地球の周りをデブリだらけにして、宇宙との断続を目指すものであった。そのとき、怒りの頂点に達したフィーが取った行動は……


折笠愛熱演。今回はフィーが完全に主役。圧倒的な存在感であった。

原作第3話がほぼベース。そのとき未登場であったタナベ絡みで少し話が変わっている。

恋愛話があまりにベタで、見ていて身悶えしそうになった。緊張感のあるクライマックスで、タナベのハチマキに対する誤解が解けるということをやってしまったせいで、焦点がぶれてしまったような印象を受けた。このあたりでちょっと個人的な評価が低くなる。

宇宙防衛戦線の声明のとき、これまでのゲストキャラが一瞬映る。中でもショッキングなのはかつて心中しようとしていたシアの両親。なぜかケシの葉を摘んでいるんだけど。黒い。黒いよ谷口悟朗さん(むしろ大河内一楼さんか?)。

トイボックスが地球に降下するとき、着水艇に分離するという細かい演出は素晴らしい。この点は好印象。

スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
プラネテス | コメント(0) | トラックバック(0)2007/10/01(月)00:05

«  | HOME |  »


Calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。