スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ΠΛΑΝΗΤΕΣ プラネテス 第14話 ターニング・ポイント

プラネテス 5プラネテス 5
(2004/08/27)
田中一成、雪野五月 他

商品詳細を見る

デブリ課に新造船がやってきたその頃、地球でのキス未遂事件があって、タナベもハチマキもお互いを意識するようになっていた。そんな二人に対して、唐突に突きつけられた係長補佐命令は社内恋愛の禁止であった。それは第三事業部の研究員が事業部長の娘を妊娠させたという問題を、ラヴィが深刻に考えた結果だった。その命令に反発するハチマキは、タナベとも反発してしまう。
その後、デブリ課は新造船のテストの最中、アステロイドとの衝突の危険がある実験モジュールを発見してしまう。その実験モジュールは件の第三事業部の研究員が使っているものだった。ハチマキらは実験モジュールを移動させようとするが、そこに横槍を入れたのは第三事業部長であった。


ターニング・ポイントというタイトルが、ハチマキとタナベの関係につながることは薄々感づいていた。ラストにキスシーンまで持ってきたのはちょっと意外かも。原作の例のシーンまで持たせなかったのか。

ユーリの喋り方がフランクになった。これは前回のラストからのつながり。

クレアとの過去が課長にばれたのが、タナベとハチマキの喧嘩が原因で、アレが伏線になっていたのは巧いと思った。

実験モジュールを移動させるシーンの専門用語の羅列がかっこいい。やはりこの作品の華は、この辺りにあると思う。

オープニングがまた微妙に変化。

・ユーリのコンパスが映っていたシーンが、九太郎のロケットが映っているシーンに変更
・九太郎が成長した

スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
プラネテス | コメント(0) | トラックバック(0)2007/10/04(木)01:28

«  | HOME |  »


Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。