スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ΠΛΑΝΗΤΕΣ プラネテス 第19話 終わりは、いつも…

「エゴイスト結構! 私もエゴイストだ!」

ロックスミスがかっこよすぎるんですけど。

プラネテス 7プラネテス 7
(2004/10/22)
田中一成、雪野五月 他

商品詳細を見る

機雷の回収を成功させたデブリ課は、報道によって世論へと訴える事に成功し、解散の危機を免れる事が出来た。しかし、活動を再開させたデブリ課のメンバーにハチマキの姿はなかった。ハチマキは会社も辞め、フォンブラウン号乗組員採用試験を受けるため、パプアニューギニアへと降り立っていた。そこで行われる一次試験には、テクノーラの社内公募で選抜されたチェンシンの姿もあった。


アバンのナレーションがデブリの説明からフォンブラウン号の説明に変更された。この辺の細かさがうれしい。オープニングも少し前からメインの4人の背景にテクノーラの社章が写っていたが、今回からハチマキの背景はフォンブラウン号に変わった。オープニングまで伏線を張っていたのかよ。

リュシーは相変わらず大人だよね。人間関係にクールすぎ。

ハチマキは落ちぶれすぎ。いくら無職でも、ユースホステル使うとかなんか無いんかい。一応元社会人なのにホームレスみたいなことやってるし。そのつながりでホームレスが絡んでくるシーンはどうかと思った。「サムライ、サムライ」ってなんじゃい。

タナベに連絡できないハチマキ。テスト中の事故にも無関心のハチマキ。だんだんと冷たく利己的になってる。そしてカッコよくなっていく。

それにしてもハチマキの同期の連中も冷たいよね。その程度の仲間だったのか。

チェンシンも記念受験だったとハチマキは切れてしまう。コンプレックス大爆発。
しかしチェンシンの言っている事もわかるんだよな。たしかにハチマキのやり方は、「子どもの夢の追い方」かもしれない。でも、そこまでしないと掴めない物もあるわけで。
実際の大人ほど、二人の話は考えさせられる内容だったと思う。

スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ│ジャンル:アニメ・コミック | このエントリーを含むはてなブックマーク
プラネテス | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/01(木)00:01

«  | HOME |  »


Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

phee

Author:phee
基本的にネタバレについては意識せずにアニメの感想を書いています。ご注意を。

ここで書ききれないアニメの感想や、コミック、ゲームの話題は以下のブログに書いています。
はてなDiary:暗号式

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサードリンク

Amazon商品一覧

気になる商品

アクセス数

おすすめサイト

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
↑作品ごとにトラックバックが送れるコミュニティがあるので、作品ごとの感想を見るのに便利です。

Tools

track feed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。